マツエクのDカールは持ちが悪い!?一重・奥二重さんデザインまとめ

今では、年齢問わず幅広く美容法の1つとして利用されている「まつげエクステ」ですが、デザインによって見た目も変わってきますよね。

Jカール→Cカール→CCカール→SCカール→Dカール

と種類によって、カールの強さが異なります。基本的には、ナチュラルに仕上げる場合はJカール、普段のメイクと同じようにカールを付けたいくらいならCカールが人気です。

私は、サロンへ行くとサンプルで色々なカールがあって、よく悩んでいるのですが、結局いつも通りの仕上がりにしてしまいます。

何故なら、そのカールをどんな仕上がりにしたい時に付けるのか想像できないからです。スタッフさんに相談するのがいいですが、初めて行くサロンや話すのが苦手という人の場合聞きづらいですよね…

今回は、そんな人に向けて「Dカール」についての特徴やそれぞれのカール比較、どんな人に向いているのかをまとめてみました。悩んでいたという人は是非こちらを参考にしてみてくださいね。

 

Dカールとは?

a9cf63c8a87d3774e077004d5531dd8d_s

それでは、Dカールについて、どんな特徴があって、どんな人に似合うのかを他のカールと一緒に比較して、まとめてみました。

個人的には、今までつけまつげを付けていて自然に見えるからマツエクにシフトしようと考えている人や、普段から派手目なメイクが好きという人にオススメのカールです。

写真のように、カール感が強いので、ナチュラルメイクやキュート系に仕上げたい人はCカールで抑えたほうがいいです。こちらのDカールはゴージャス系のデザインになります。

下がりまつげの人におすすめ

  • ビューラーをしてもまつげがすぐに下がってしまう
  • カールが強いデザインが好み
  • キュート系よりもゴージャス感を出したい

Dカールは、つけまつげ並のボリューム感を出せるので、目元に存在感をだして濃い目のメイクがしたい人にオススメです。

カールの中で1番強いので、ナチュラルな仕上がりにしたい人には向いていません。

ゴージャス系よりもキュート系寄りに仕上げたいなら、CCカールが合いますよ。カール感が強いので本数を多めに付けないと見た目のバランスが悪くなるので注意しましょう。

つけまつげ派の人も納得のボリューム

マツエクは自まつ毛1本に対してエクステを1本づつ付けていくので、自然でナチュラルに見えます。その為、よくつけま派の人は「マツエクだと物足りない気がする」といった意見を持っている人がいますよね。

確かに、自然に見えるのですが、本数や太さで調整すると、つけまつげ並のボリューム感を出すことができるんです。

マツエクの太さは、主に0.10mm~0.25mmが使われていて自まつ毛に馴染みやすいのが0.15mmと言われています。つけまつげやマスカラをたっぷり塗る人は0.25mmですが、マツエクのメリットでもある自まつ毛に近いナチュラルな仕上がりにはなりません。

ただ、毎日付け替えが必要なつけまつげに比べたら1度付ければ2〜4週間そのままでいられるマツエクの方がメイク時短にもなって楽になるのでおすすめです。

比較したカールの違い

Dカールは、Cカールよりもカール感が強く、ゴージャスな目元になるのでキュート系に仕上げたい人には向いていないことがわかりました。

ネットなどで他のカールの特徴などを見ると「存在感のあるパッチリとした目」、「つけま級ならこのデザイン」といった内容がありますよね。これでは、どのカールが自分が求めているデザインなのか、わかりませんよね。

実はカールに関しては、本数によっても仕上がりが変わることがあります。

Dカールの場合、カール感が1番強いので、本数は最低でも100本以上は付けないと見た目が不自然になってしまいます。つけまつげのようなバサバサとしたまつげが好みの人は160本以上付けるとつけまのようなボリュームがでます。

ただし、注意して欲しいのがDカールは接着面が狭く取れやすいので、途中で取れてしまうと間がスカスカになりバランスが悪くなるので、メンテナンスとしてリペアが必要です。

ボリュームを抑えてカール感を出したいという人は、Cカールで仕上げるのがおすすめです。Dカールは、1番カールが強いですが、本数が少ないと違和感が出てしまうのでボリュームを出さなければいけません。

では、Dカールと他のカールはどこが違うのでしょうか?他のカールの特徴と、比べてみての違いを種類別で簡単にまとめてみました。

Jカール

  • カールが1番弱い
  • すっぴんに近いナチュラルメイク向け

Cカール

  • ビューラーをしたようなカール感
  • 初めての人から上級者まで幅広く人気

CCカール

  • Cカールよりもカールが強め
  • 一重や奥二重でキュート系にしたい人向け

SCカール

  • Dカールよりも少しカールが弱い
  • 接着面が少ないので取れやすい

Lカール

  • まつげが短い、ストレートで付けにくい人向け
  • 接着面が広くて保ちも良い

Dカール

  • 1番カールが強い
  • まつげが下に向いている人向け

と、それぞれの付ける長さや本数によっても仕上がりが変わってきます。

Dカールの場合は、まつげが下に向いている人やつけまつげ並のボリュームが欲しい人に向いているカールです。

 

Dカールでの人気の長さ

カール、長さ、太さなど種類が色々とある中で、Dカールを付けることになった場合、長さも選ばなければいけません。私は長さを選ぶ時はカールによって印象が変わるので、いつもスタッフさんに相談しています。

日本人女性のまつげの長さは、平均6.8mmなので、マツエクを付ける時は、自まつ毛よりも1mm〜3mmくらいの長さが丁度良いとされていますが、つけま並のボリュームにする場合はそのくらいの長さにしてしまうと物足りない仕上がりになってしまいます。

失敗したくない、よくわからないという人はスタッフさんに自まつ毛を見てもらいながら、どの長さが合っているのかを教えてもらうのが1番良いです。

ここでは、「こんなデザインにしたいなら、この長さがオススメ」というのをご紹介します。

11ミリは一重・奥二重でカール感を出したい人

自まつ毛が下がっていると、白目部分も隠れてしまって目が小さく見えてしまいますよね。
第一印象は「目元」と言われているので、少しでも目は大きくしたいと思っている人は少なくないと思います。

アイプチやアイテープなどで強制的に二重を作って目を大きく見せている人もいますが、実はまつげで、パッチリとした目にすることが出来るんです。

もし、まつげが短いからマツエクが付けられないという場合は、カール感は変わってしまいますが
Lカール」といって接着面が広く、毛先にカールがあるタイプがあるので、そちらをオススメします。

何故、この長さがいいのかと言うと、長ければもちろんボリュームが出ますが、一重や奥二重の人は、瞼にマツエクが刺さってしまうことがあるからなんです。

特に、瞼に厚みがある人は、長さに気をつけて、スタッフさんに調整してもらったほうがいいです。

13ミリは盛りすぎて逆に目が小さく見えてしまう

Dカールの長さで「13mm」を選ぶ人が多いそうですが、実は目の形の黄金比率を崩しているんです!

人によっては、目の周りを囲んだ盛りメイクにしたい人もいると思いますが、長ければ長いほど、自まつ毛が徐々に下がってきて目幅が狭くなってしまうんです。その結果が、目を小さく見せてしまう原因になっているんですね。

短すぎても、瞼で埋もれてしまうので12mmくらいをベースにして、「目頭」、「黒目」、「目尻」に分けてバランスを見ながら調整してもらいましょう。

無理やりに、マツエクを付けてしまうと自まつ毛を傷ませてしまう原因になるので、自まつ毛の生え癖や長さ、太さをスタッフさんに見てもらい、自分でも把握しましょう。そこで、どんなデザインが合っているのかがわかります。

人によっては、キュート系の仕上がりにしたいけど、ゴージャス系の方が合っているなんてこともありますが、自分の目元に合わせたほうがより一層大きく綺麗に見えますよ。

 

本数で濃さが決まる

最後に本数ですが、「マツエクの濃さって、太さで決まるんじゃないの!?」と思いませんでしたか?
太さの基準はマスカラの濃さと同じだと聞いていたので、私も本数は関係ないと思っていました。

確かに、太さによって、濃さも変わるので間違いではありませんが、大きく左右されるのが「本数」なんです!本数が多ければ多いほどまつげが濃く見えてボリュームを出すことができます。

ここでは、画像と一緒に、すっぴんからどのような見た目になっていくのかをご紹介します。

0

まずは、実際に画像を見てみましょう。これはまだ何も付けていな状態です。
それでは、Dカールで人気の本数である100本と140本の画像を用意しましたので早速見てきましょう。

100本は一重・奥二重で悩んでいる人

97fcdb97c11e0b34eda6b20c994dd949_s

カラコンを付けていますが、目尻を長くせず、中央にボリュームを出すことによって、つけすぎ感が出ていません。ちなみに、11mmベースで片方50本づつ付いています。

画像を見るとわかりますが、カール感が強いと、下まつげにマスカラやマツエクを付けないと、上にだけボリュームが出てしまいバランスが悪くなってしまうので、個人的には下にもマツエクをするのがオススメです。

両目で20本程度でも目力アップするので、是非チャレンジしてみましょう。

  • 「自まつ毛が下がっている」
  • 「つけまつげ並のボリューム感がほしい」
  • 「アイメイクに時間をかけたくない」
  • 「目元に存在感を与えたい」

こういった悩みを持っている人にオススメです。

140本ならバレバレなつけまつげから卒業

f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

こちらは、片方に70本付いているのでかなりのボリュームです。太さを自まつ毛に馴染みやすい0.15mmなので本数は多いですが、見た目の派手感はそこまでないかもしれません。

もっと、バサバサさせたい人は、太さを0.25mmにしてみると自まつ毛っぽさがなくなって、ガッツリメイクに見えますよ。

05b6982cfb5a96eea7393d3f8b1fe4d8_s

こちらが正面から見た状態です。目のキワにアイラインを引いていますが、実は引かなくてもアイライン効果は出ます。そして、下まつげにもマツエクを付けたほうが、目元の存在感が引き立ちますよね。

つけまつげでのボリュームが慣れている人は、このDカールが向いていますが、徐々にカール感を弱めていけば自然にナチュラルメイクにしやすいと思います。つけましていると、いきなりマスカラだけとかって目元に差が出そうで抵抗があるんですよね。

でも、マツエクなら徐々にカール感や太さ、長さを変えていけるので周りにも「いきなり雰囲気変わったね」なんてことは言われないかもしれません。

長さやカールについてお話しましたが、「もっとデザインを詳しく知りたい」という人はデザインまとめの記事も参考にしてみてくださいね。

デザイン記事はコチラ→絶対に後悔しないマツエクデザインの種類別まとめ

 

まとめ おすすめのデザイン

いかがでしたか?

Dカールでマツエクをする場合、自まつ毛が下がってしまう人、一重や奥二重でカール強めが好きな人、つけまつげ並のゴージャス感を出したい人に向いていることがわかりましたね。

  • 太さは0.15mmで自まつ毛に馴染むようにする
  • 接着面が狭いので保ちは悪い
  • つけまつげ並のボリューム感なら0.25mmの太さ
  • 真ん中に長さを出すと目デカ効果になる
  • 目尻に長さを出すとゴージャス系になる
  • 一重・奥二重で悩んでいるなら11mmで100本
  • 派手なメイクが好みなら12mmで140本
  • 長さは、「目頭」、「黒目」、「目尻」の3つに分ける

カール感が1番強いので、ボリュームが欲しい人にオススメですが、保ちは悪いので2週間に1度くらいのペースでリペアが必要になります。保ちを優先させるならJカールLカールにしましょう。

また、接着面がなくなってきて取れやすいので、長持ちさせるようにケアを必ずしましょう。長さや太さによっても、仕上がりが変わるので、出来たらスタッフさんと相談しながら一緒に決めることをオススメします。

 

Dカールデザインで近くのマツエクサロンを探すなら…

マツエクをするならCMでも人気のホットペッパービューティーで予約しましょう!24時間いつでも、どこでもネット環境があれば予約できるので仕事帰りでも出来ちゃいます♪

実際に行った人たちの口コミも見れたり、お店の雰囲気や通常メニューよりも安くできるクーポンなどがありますよ♪登録も無料で出来て、更にはポイントも貯めることができちゃいます!溜まったポイントでまたマツエクを安くできるのでおすすめです。

デザインの写真もあるので初めてマツエクをすることに不安な方は、どんな仕上がりになるのかまで見ることが出来ますよ♪自分に合ったお気に入りのサロンを見つけてくださいね。

マツエクの持ちを良くする方法

マツエクは今スグにパッチリまつ毛に出来るところが大きなポイントですが、自まつげが少なくなってきたり、弱くなってすぐ抜けてしまうとマツエクの持ちも悪くなってしまいますし、最悪マツエクすらも出来なくなってしまいます。

そこで多くの人はどうしているのかと言うと、マツエクと一緒に「まつ毛美容液」を使っています。こうすることでまつげに栄養を与え、抜けにくく、しっかりとしたまつ毛を生やすことが出来るんですね。

なので、今スグの悩みは「マツエク」、長期的な悩みは「まつ毛美容液」の同時進行でケアをしていくことをオススメしています。(もしまつ毛が生えてきたらいずれはマツエクも卒業出来ますよね)

 

でも、いざ試そうという時に気になるのが「本当に生えるのか?」ということですが、結論から言うと「生えるものもあるし、生えないものもあります。」

今回はそんな「実際に生える美容液」を、口コミを参考に実際使ってみた結果からランキングにしてまとめてみました。マツエクと同時に「まつ育」もしっかり始めていきましょう!

1位.リバイブラッシュ
リバイブラッシュ
  • 【料金】6,450円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◎
  • 【リピート】95%
  • 【返金】有(60日間)

多くのランキングで1位を取っている人気美容液リバイブラッシュ。

「使って1ヶ月で生えてきた!」「チップ型で塗りやすい!」などなど実際の口コミも好評。私も実際に試していますが、すぐに効果を実感出来ました♪「絶対に生やしたい!」というあなたには一番オススメしたい美容液です。

また、返金保証も付いているので、万が一気に入らなくても安心ですし、これだけの人気商品で返金保証をしているのはそれだけ商品力に自信のある証拠です!

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ

まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

2位.プレミアムアイラッシュエッセンス
プレミアムアイラッシュエッセンス
  • 【料金】4,644円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

最近@cosmeでの評価が上がってきているまつげ美容液です。弱っているまつげをサポートしてくれる成分と、ワカメや昆布などのエキスで濃密まつげを作ってくれます♪

乾燥からも守ってくれるアロエベラや高麗人参などのが含まれているので、目元の美容液としても使えます。これ1本でまつげ(マツエクOK)・眉毛・目元と全てに使えるというのが嬉しいですよね。

プレミアムアイラッシュエッセンスの公式サイトはコチラ

プレミアムアイラッシュエッセンス

体験レビューを見る

3位.湘南美容外科ロングラッシュリッチ
ロングラッシュリッチ
  • 【料金】4,500円
  • 【形状】チップ+ブラシ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

湘南美容外科との共同開発で作られていて、スタッフさんたちも使っているという話題のまつげ美容液です。

口コミでは「抜けにくくなった」「まつげが濃くなった」と、長さよりも濃さやコシなどに効果があるようです。

実際に私も使ってみましたが、1ヶ月くらいでマスカラを塗ったような濃さになりました♪ 「まつげを伸ばしたい」という人にはリバイブラッシュがおすすめですが、ケアとして使いたいならロングラッシュリッチがおすすめです。

ロングラッシュリッチの公式サイトはコチラ

湘南美容ロングラッシュリッチ

商品の詳細はこちら

まつげ美容液について、もっと詳しく知りたい方は「本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5」も参考にしてみてください。

  関連記事