マツエク当日や施術後に気をつけることは?絶対に守ってほしい注意点まとめ

マツエクをするときに、「何に気をつければ良いの?」「何を用意すればいいの?」…と、まだまだマツエクに対して不安なことや悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

私も初めてマツエクをする時は「当日って何か注意することあるのかな?」と不安になってサロンへ電話して確認したりしました。
何よりも目元にマツエクを付けるということにも緊張しているので、できるだけそういった不安はなくしておきたいですよね。

実はマツエクの注意点は、付ける前から気をつけておくことがあるんです。

「そんなの知らなかった!」と後悔する前に、事前にチェックしておくと当日は安心して過ごすことができますよ!

というわけで今回は、それぞれのお悩みシーンに合わせて注意点をマツエクサロンの方に聞きました!正しく目元のお手入れをして綺麗に長持ちできるようなケアなどもお答えしていきます♪  

マツエクの注意点

「マツエクをすることによってどんな危険があるの?」「どうすれば目元トラブルに合わないの?」そんな不安ありますよね?

ここでは、そういったお悩みである目元トラブルを防ぐ為の注意事項についてお答えしていきます。

セルフマツエクは失明する危険がある

道具や商材もネットで簡単に手に入って安くできるという記事などがあります。

安くマツエクができても、失敗すると最悪失明する危険があることを理解していますか?
そして失敗する確率が高い危険な方法です。絶対に自分で行ってはいけません。

そもそもマツエクは美容師免許という国家資格がないと施術をすることができず、サロンに関しても美容所登録がされていないと違法になります。つまり、自分でやるから良いのではなくセルフマツエクは違法行為になってしまうのです。

独学で、しかも目を瞑って片目だけで施術をするなんて考えただけでも恐れしいです。

1番トラブルで多いのが接着剤のグルーが目の中に入ってしまい、炎症をおこしたり瞼が腫れてしまったりすることです。安さだけで選ばず、きちんと許可をとっているサロンでマツエクをしましょう!

サロン選びに気をつける

セルフマツエクでの危険でもお話しましたが、マツエクは美容師免許がないと施術ができません。

また、もっているだけではサロンで営業ができません。保健所で美容所登録が必要になります。
ニュースでマツエクトラブルが起きたというのは、こういった登録をしていない違法サロンでの話です。

どうすれば、きちんとしたサロンで受けられるのかというと広告媒体の予約サイトホットペッパービューティーなどに掲載されているところが安心できます。

なぜかと言うと、美容所登録をしていないサロンは掲載ができないからです。
サイトによっては変わってくるので不安であれば直接電話で美容所登録をしているかの確認をしましょう!

また、サロンの口コミも重要です。
特に初めて行くサロンの場合、第三者の意見を見てみましょう!

そこで接客やサロンの雰囲気、仕上がりを確認しておくのがオススメです。自分に合ったサロンに出会えるように前もって情報を調べておくと良いサロンに巡り会えるでしょう♪  

サロンへ行く前の注意点

何事にも事前準備は大事です。
前もって知っておきたいことって色々ありますよね?

ここでは、施術を受ける前に何に気をつけておけばいいのかをお答えします♪

『施術当日すっぴんで行かなければいけない』は嘘!

よくすっぴんで行かないといけないということを言われますが、実際は「目元は何もしていない状態」であれば問題ありません。つまり目元をさければファンデーションやチーク、リップはOKなんです♪

ただしアイメイクをした状態ですと、接着面が弱くなりマツエクがとれてしまう恐れがあります。

サロンによっては自まつ毛に何もついていなければアイプチはもちろん、アイシャドウやアイラインをしていても大丈夫ですが、気づかないうちにメイクが自まつ毛が付いてしまうことがあるのでオススメしません。

ビューラーももちろんNGです。
自まつ毛を痛めてしまい、エクステが抜けてしまうので付けられません。

上記を守ってメイクをすれば特に問題はありませんが、少しでも長持ちさせるためにはメイクをしないに越したことはありません。できればメイクをしなくていい日を選んでサロンに行くことをオススメします♪

マスカラ・ビューラーはNG

自まつ毛に何か付いていなければ大丈夫なので、アイシャドウは付けていても問題はないとのことでした

。ただし、人によっては自まつ毛にアイシャドウが付いていることがあるので極力目元のメイクは避けた方が良いと思います。

何故マスカラやビューラーがダメなのかというと、マツエクを付ける時は自まつ毛にエクステを付けていくので、そこにマスカラが付いていると施術出来ませんし、ビューラーをしてしまうと自まつ毛が曲がってエクステが付けづらくなってしまうからなんです。

アイラインは自まつ毛から少し距離をとってエクステを付けるので、引いていても大丈夫ということでしたが、化粧が崩れてしまって自まつ毛に付いてしまう場合もあるのでこちらもやらない方が良いです。

ちなみにこれは、施術後に帰る時も同じです。
マツエクを付けている状態なので目はパッチリしていますし、マスクを付ければ誤魔化せるので、そのまま帰るようにしましょう。

まつげパーマをしていたら出来ない

マツエクを付けるとき、まつげパーマをして約3ヶ月期間をおかなければいけません。
理由は自まつ毛が傷んでいて、エクステが付けられないからです。

私はマツエクを付ける前は、まつげパーマをしていました。
カールが付くのでビューラーをしなくても楽になって便利だと思っていたのですが、パーマ液のせいで自まつ毛が傷んでしまった為、やめてマツエクにシフトしたんです。

でも、自まつ毛が傷んでいるので期間をおいてからにしてくださいと断られてしまいました。
その間はまつ育をして、自まつ毛を健康的にすることをオススメします。マツエクを付けるには、自まつ毛がなければエクステを付けることができないので、私の場合は、まつげ美容液を使ってまつ育していました。

コンタクトレンズは施術時は外す

「すっぴんが嫌だからせめてカラコンだけはしていきたい」という人は、施術する前にコンタクトを外せば問題ありません。目が悪くてコンタクトを付けている人も同じです。

何故コンタクトを付けていてはダメなのかと言うと、付けたままで寝てしまうと目を傷つけてしまったりする危険があるからです。

マツエクを付ける時は、目を瞑った状態でいるので寝ている時と同じ状態になるんです。
その為、付けたままにしておくと目に負担がかかってしまうので絶対に外しておきましょう。

アイプチしても問題ない

マツエクを付ける時は、アイプチしていっても問題ありません。
ただし、その目の位置でマツエクを付けるので、次の日に目幅が変わるとデザインの見た目が変わってしまいます。

一重や奥二重の人でアイプチやアイテープ、メザイクと強制的に二重にしている人がいますが、個人的にはマツエクには目幅や目の形に合わせたデザインがあるのでマツエクをするならアイプチなどは卒業してほしいです。

その理由は、マツエクのデザインで「たれ目」にしたり「黒目を大きく見せる」ことだって出来るからです。

せっかくマツエクをしてメイク時短が出来るのにアイプチをしていたらその分の時間もかかりますし、顔を濡らしたら落ちちゃいます…

そんなデメリットがあるものよりも二重じゃなくても可愛くなれるマツエクで勝負しましょう♪

サロンによっては変わる為、アイメイクする場合は確認しましょう

ここでは、自まつ毛に化粧が付いていなければ問題ないとお伝えしましたが、サロンによって使用している商材などは異なります。

アイシャドウ、アイラインは基本的に崩れてしまって自まつ毛に付かないなら大丈夫ですが、そういった心配を含めてお断りをしているサロンもあります。

どうしても施術当日は仕事なのでメイクしなければいけないという場合、その場でメイク落としが出来るサロンなのかの確認をしておくと良いですよ。

事前にどんな目元にしたいかもチェックしておく

サロンへ行った時に、カウンセリングを行いますが自分のなりたいデザインを決めておかないとスタッフさんに伝えることができません。

最低でもナチュラル、キュート、セクシー、グラマラス、ゴージャス…と、大まかなデザインは決めておいたほうがスタッフさんも対応しやすいです♪

どうしてもデザインが決まらない場合、芸能人の目元でイメージすると良いです。
スタッフさんに伝えやすくなりますし、イメージしやすくなります♪

施術当日にスタッフさんに相談しながら決めたい方もいると思いますが、イメージしておかないと自分の理想を伝えられず目元を作れません。

せっかくお金を出して施術をするのですから素敵に変身したいですよね♪ゆっくり時間をかけましょう!

まつげパーマをしていたら期間をおく

まつげパーマとの比較にも記載してますが、まつげパーマをすると自まつ毛が傷んでしまいます。

その為、マツエクを付ける場合は3ヶ月ほど期間をおきてからという注意があります。これはサロン側からお断りされます。 それまでの間も極力ビューラーとマスカラを避けたほうが良いです。

何故なら1番自まつ毛にダメージを与えるからです。つまり、まつげパーマをしてしまうと当分は何もできません。 自まつ毛を復活させる為に、まつげ美容液をして休ませてあげましょう。

成分によっては失明などの目元トラブルになることもあるので注意しましょう。

ビマトプロストという成分が元々緑内障の治療薬として使われていて、眼圧を下げる効果を持っています。
万が一目に入ってしまったら危険なので、できるだけその成分が含まれていないものを選びましょう。  

施術後の注意点

綺麗につけてもらったマツエク…当日にとれてしまっては台無しです。
せっかくマツエクをしてもすぐにとれてしまっては意味が無いですよね?

長く保つためにどうしたら良いのかお答えしていきます♪

目を濡らしてはいけない

接着面を定着させる為、最低5時間は顔を濡らしてはいけません。

グルーと呼ばれる接着剤が完全に乾くのは1日と言われています。その為、1番良いのは施術当日は入浴を控えることです。
お風呂やプールなどもNGです。これを守らないと、マツエクがとれてしまう原因となりますので必ず待ちましょう!

濡らしてはいけないということは、汗をかいたり涙を流したりするのも気をつけなければなりません。
グルーが固まる前に水分を含んでしまうと接着面が弱くなってしまいますので注意しましょう!

万が一、汗などで濡らしてしまったらドライヤーの冷風で1分ほど乾かしましょう!
これをするだけで差が出ますので、手間はかかりますが持続期間を伸ばす為におこなってみてください♪

シャワーやお風呂に入るタイミング

マツエクを付ける当日の時間帯にもよって変わってきますが、基本的に仕事帰りにする方が多いです。

その場合は次の日の朝にシャワーを浴びてもらうか、5時間後に入浴をお願いしています。
時間を待たずに、顔を濡らしてしまうと、グルーに水分が入ってしまい接着面が弱くなりとれてしまいます。

フェイスカバーをして顔を濡らさないようにすれば大丈夫なのではという意見もあったのですが、結局のところ湿気や蒸気なのでダメになってしまうのでそれもやめた方がいいです。

お休みの日に午前中にマツエクを付けられるなら、施術前にシャワーを浴びてくるというのも1つの方法です。

私は、絶対に次の日の朝にシャワーを浴びるようにしています。
化粧は落とさなければいけないので、顔を濡らさないようにメイク落としシートを使って水を使わないという方法を選んでいます。
そうすることによって、マツエクの保ちは変わってきますよ♪

目を触ってはいけない

普段からも言える注意事項ですが、施術当日は特に完全にグルーが乾いていない状態なので擦ってしまうとポロっととれてしまいます。
フサフサまつげに触ってみたい気持ちもわかりますが、決して触れたり引っ張ったりするのはしないでください!

指先には、生活中に付着した生活油分や皮脂などがついています。
その指でまつ毛に触ってしまったら油分が移ってしまうんです。すると油分により、グルーが弱くなり、せっかく付けたマツエクが取れてしまいます。

お金を払って施術しているわけですから、せっかくなら持続期間は長く保ちたいですよね?

施術当日のまつ毛ケアによってモチはかなり変わってきます。必ずサロンで言われた注意事項は守るようにして長持ちできるようにしましょう♪  

毎日の注意点

毎日の目元のお手入れによって、マツエクの持続期間も変わってきます。
どうすればモチ良く保つことが出来るのか長持ちするテクニックを教えます♪

クレンジングの方法

目元のクレンジングはオイル系のクレンジングは絶対に使用しないでください。
油分でマツエクがとれてしまいます。マツエク専用のクレンジングもあるので、そちらを使用するのが1番良いです♪

マツエクOKな人気のクレンジングランキング

ちなみに、コットンで落とす方もいますが繊維がとても細かいのでマツエクが引っかかってとれてしまうことがあります。コットンは使用しないで、ガーゼのタオルや手で優しく落とすのが理想的です。

洗顔時も擦らないで泡で優しく包み込むように洗いましょう!
洗顔後に拭き取るときは、目元は繊維のないティッシュがオススメです。

タオルで優しく拭いてもマツエクに絡んでしまってポロっととれてしまうことがあります。
そういったことを避けるために目元だけティッシュで拭いてあげるとモチも確実に変わってきます♪

睡眠時や洗顔時も目をこすらないように気をつける

目を擦ることは、マツエクがとれてしまう原因の1つです。

睡眠時に関しては、うつ伏せで寝るのは絶対にNGです!
まつ毛が曲がってしまったり抜けてしまいます。横向きも危険なので仰向けになって寝ることをオススメします。

はじめは仰向けで寝ていても途中寝返りを打って横向きになったりするのが心配な人は、目元を守るアイマスクがあるのでそちらを利用してみてはいかがでしょうか。
アイメイクが崩れないようにゴーグルのような構造になっているのでマツエクを崩さないようにするにはとても便利です♪

洗顔時は、先ほどのクレンジングでの注意事項と同様です。
アイラインを落とす時は、綿棒を使うと楽です。

キワまでしっかり落とさないと雑菌が増えてしまうのでクレンジングでマツエクがとれる不安もありますがしっかり汚れをとるということも忘れずにしましょう!  

まつげ美容液でコーティング

FullSizeRender (77)

もともと、私の場合は自まつ毛のまつ育として使っていたのですが、マツエクをした後に塗ると、汚れなどからも保護ができて長持ちするようになったのでご紹介します♪

マツエク用のコーティング剤もあるのですが、自まつ毛もケアが出来るので私は美容液を使っています。

毎日顔を洗っていても、1日経つと雑菌や汚れが付いています。
そこには自まつ毛にも付いているのですが、やっぱり目元を守りたいですし保護も出来てまつげを成長することが出来るなら嬉しいですよね♪しかも塗るだけでいいので簡単です。

美容液ランキングでも見かける【リバイブラッシュ】を使っていましたが、傷んでいた自まつげも濃くなって抜けにくくなりました♪体験レビューもあるので、良かったら一緒にチェックしてくださいね。

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ
まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

 

まとめ

マツエクをするにあたって、色々な注意点がありますがきちんと守れば目元トラブルにも合わずモチ良く楽しむことができますね♪

日頃からのケアが持続期間を長く保つ鍵になりますよ!決して面倒くさがらず、毎日のクレンジングや睡眠時は注意していきましょう!

マツエクの持ちを良くする方法

マツエクをしていると、毎日のクレンジングでのメイク落としや洗顔に対して「エクステが取れそうで怖い」と不安になりませんか?

やっぱりマツエクを付けたなら長持ちさせたいので、まつげ美容液を付けてコーティングしたりしますがイチバン気をつけるのが【クレンジング洗顔】です。

  1. 強く擦ってはいけない
  2. 油分の入っているものはNG

特にこの2つには、サロンからも注意事項として伝えられていますよね。擦ってしまうと、エクステが曲がったりするので取れやすくなります。油分が入っているものに関しては、グルー(接着剤)との相性が悪いので使い続けるとこれもまたエクステが取れてしまうので絶対に使ってはいけません。

今回は、そんな擦らなくても綺麗にメイクが落とせてオイルフリーのクレンジングをランキングにしてみました!実際に使ってみて洗浄力や洗い上がりが良かったものをまとめたので、是非参考にしてくださいね♪

1位.リダーマラボ
リダーマラボ
  • 【料金】1,424円(1ヶ月)
  • 【形状】こんにゃくスクラブジェル
  • 【口コミ】◎
  • 【返金】有(14日間)

リダーマラボのスクラブは、こんにゃく成分なので汚れにしっかりと吸着してくれます。そのまま毛穴の汚れや角質まで落としてくれるのでW洗顔する必要もありません。

肌に優しいので、朝の洗顔にも使うことができます!美容皮膚科医も認めたクレンジングなので、ニキビや肌荒れで悩んでいる人にオススメです。

しかもドクター監修で作られている無添加なので、効果としても期待ができますよね。

リダーマラボの公式サイトはコチラ
【リ・ダーマラボ】 モイストゲルクレンジング

体験レビューを見る

2位.マナラ
マナラ
  • 【料金】4,104円(1ヶ月)
  • 【形状】リキッドクレンジング
  • 【口コミ】◯
  • 【返金】45日間で満足できなければ全額返金

マナラは芸能人で使っている人が多く、紗栄子さんや益若つばささんも紹介していました。2人ともすっぴんがキレイで肌がツルツルしているイメージですよね。

ビタミンC誘導体を肌に届けてくれる[ナノカプセル技術]を採用しています。肌の角質層まで届けてくれるので美白効果もありエイジングケアとしても人気のクレンジング用品です。

maNaraの公式サイトはコチラ

マナラ ホットクレンジングゲル

体験レビューを見る

3位.スキンビル
スキンビル
  • 【料金】943円(1ヶ月)
  • 【形状】ホットクレンジングジェル
  • 【口コミ】◯
  • 【返金】なし

最近話題のホットクレンジングジェルです。温熱効果でマッサージしながら汚れを落としていきます。肌を温めることによって毛穴が開くので、汚れも落ちやすいですよね。

とにかくコスパが良いので、「ちょっと他のも使ってみたいな」という人は是非試してみてくださいね。

スキンビルの公式サイトはコチラ
美容液ホットクレンジング【skinvill】

体験レビューを見る

クレジングについて、もっと詳しく知りたい方は「マツエクしてるとクレンジング悩まない?オススメ人気ランキングTOP5」も参考にしてみてください。

  関連記事