ailey [エイリー]

大人女性におすすめ!少ないまつげの原因と劇的に増やす5つの方法

0d3d28f58f0a72ea437cefbbea6fdd86_s

まつげが長くてフサフサしたお人形のような目元って憧れますよね。特にそれが自まつ毛でマスカラもしていない状態と聞いたら更にビックリしちゃいます。

女性の中でもアイメイクで最も多い悩みが「まつげ」ですよね。少ないと目が小さく見えたりしますが、一重の人でもバサバサのまつげならパッチリとした印象になるので効果はすごいと思います。

でも、実際はマスカラしても盛れなかったり、まつげが少なすぎてマツエクサロンで断られたりと、まつげによる残念な経験はありませんか?

もし「あるある!」という人は、まつげが傷んでいてボロボロになっている可能性があります!今すぐにまつげケアをしなければずっと短くて少ないまつげのままですよ。

まず、まつげを増やす前に「短い」「少ない」「抜ける」ということが問題です。

どうしてまつげが抜けやすくなっているのか原因を知っておきましょう。日頃から何気なくしていたことが、自分でまつげにダメージを与えていたかもしれませんよ。

というわけで今回はまつげに負担をかけてしまって抜けやすくなる原因と、今すぐ試したい5つのまつげの増やし方についてまとめてみました!

 

まつげが少ない6つの原因

1aa7d7a50bbb06f713c9aee9d00252f4_s

外国人のような瞬きするたびに、「バサバサ」っと音が聞こえてきそうなくらいのボリュームって憧れますよね。実は日本人のまつげは、欧米人よりも3mm短くて量も20%少ないんですよ!そりゃ比べても意味ないわけです…。

【日本人のまつげの平均】
長さ…6,8mm
本数…100本(片方)

これが平均と言われていますが、年齢を重ねるごとにどんどん短く抜けやすくなっていきます…。そのためCMでも話題の「まつ育」が必要になってきますよね。

でも、ただまつげを育てるだけでは意味がありません。元々はダメージを与えていたからまつげが少なくなっていたわけですからその原因を解決してからじゃないといけないんです。

ここでは日常生活の中で「まつげが少なくなる原因」について6つをまとめてみましたので、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

1. 自分でまつげを引っ張る

何気なく普段まつげを触る癖のある人は無意識のうちに引っ張っているかもしれません…「抜いても新しく生えるからいいや」と思ってついプチっと引っ張って抜いていませんか?

確かに髪の毛と同じように、新しく生えてくることはありますが無理やり引っ張っていることによって瞼や毛根にダメージを与えてしまっているのでしっかりとしたまつげが生えなくなってしまうんです。

だから、新しく生えてくるまつげにはハリやコシがなく細くて短いものしかないんです。最悪の場合は脱毛症になって生えてこなくなることがあるので絶対に止めましょう。

2. ビューラーを使いすぎている

毎日化粧をしていると、まつげで気になるのが「ビューラー」です。カンタンにクルンとしたカールを作ることができるのでとても便利ですよね。しかも100円ショップとかでも手に入るので学生の頃から使っている人もいるのではないでしょうか。

ビューラーはまつげを引っ張っているので、まつげが抜ける原因の1つです。使っている人なら何となく気付いていますよね。よくゴムの部分に自まつ毛が挟まっていることありませんか?

「え!まつげ抜けてる!」って最初の頃は驚きましたけど、それがだんだん当たり前になってきちゃうんですよね…とりあえず今のところは大丈夫だという謎の安心感がありました。

また、ビューラーはゴムが使えなくなってきたら必ず替えなければいけません。使い古したゴムは、跡がついているのでまつげが絡みやすくなっていますし、汚れなどもかなり付着しているので衛生面でもよくありません。

まつげをパッチリさせる為に使いたい気持ちもわかりますが、ビューラーの使いすぎはまつげを強制的に引っ張って抜けやすくしてしまうので控えるようにしましょう。

3. 盛りメイクでつけまつげを使う

少ないまつげだとどうしてもボリュームが足りず、つけまつげを使って誤魔化すことがありますよね。その「つけまつげ」がダメージを与えているのはわかりますか?

実際に私もつけまを使っていたことがありますが、納得できるような仕上がりにならないとやり直しをするんですがその時に急いでいるとクレンジングで落とさずにビッと引っ張ってとってしまうんです。まぁそれがまつげを痛めている原因になっているんですが、つけま使ってる人には「あるある話」だと思います。

引っ張ることによってやっぱりまつげが抜けてしまいますし、瞼にもダメージを与えるので新しく生えてくるまつげに影響してきますよ。

ボリュームのあるまつげにしたい気持ちはわかりますが、つけまを使い続けていると年齢を考えた時に「年相応じゃない」という印象にもなるので早いうちに卒業するようにしましょう。

4. まつげパーマを頻繁にする

ビューラーをしなくても、まつげパーマをするとカールができるのでとても便利ですよね。でもこの使っているパーマ液って目元専用のものではなく髪の毛のパーマ液って知っていましたか?

つまり、パーマ液を直にまつげに塗っているわけですから痛むのは当たり前なんです。私はこれを知らずに月2ペースで通っていたらボロボロになってしまいました。

サロンでも「やりすぎるのはよくないです」とハッキリと言われているはずです。親切心だと思っていましたが、そりゃ痛むから何度もやってたら危険なわけです…

髪の毛でもパーマはダメージを与えやすいので、まつげパーマがいかに悪いことかわかるかと思います。「今まで安く出来るからまつげパーマにしてた」という人は止めてケアに徹底しましょう。

5. クレンジングでガシガシ洗う

日頃のメイク落としでも、まつげにダメージを与えていることがあります。帰ってきてから疲れて「化粧落とすのも面倒くさーい!」なんてことありますよね。

そんなときにパパっとクレンジングで洗って、ついつい頑固なアイメイクをガシガシと擦って落とすことありませんか?もうそれは、まつげに対してダメージを与えすぎています。

擦ることによって瞼にもまつげにも負担がかかってしまい、まつげが曲がってしまったり抜けてしまう恐れがあります。そうならない為にも、洗顔には気を使って目元を洗う時は優しく撫でるようにして洗いましょう。

6. メイクしたまま眠る

肌にも悪いですし、まつげにも影響を与えてしまいます。化粧していると、マスカラなどがついている状態で寝てしまうと寝ている間に擦ってしまったり、枕で押しつぶしてしまったりとダメージを与えることが多いんです。

しかも寝ているときの布団にはダニが潜んでいます。そのダニたちが汚れや皮脂などをエサにして顔中についてくるんです!想像しただけでも気持ち悪いですが、まつげにも「まつげダニ」と呼ばれているダニがいてそのまま寝てしまったらダメージだけでなくダニにまつげの栄養分などまで食べられてしまいます。

まつげへのダメージだけでなく、衛生面でもとても危険なので疲れてそのまま寝てしまう前に必ず化粧は落としてから寝るようにしてくださいね。

 

増やして伸ばす5つの方法

beauty_39_mikarika 2

まつげを伸ばしたいがために頑張っていたメイクなどが、実はダメージを与えていた原因だったということがわかりました。これでは、どんなにまつげケアしても増えませんよね。今日からはまつげを痛めないように気をつけていきましょう。

負担のないように気をつけながらケアすれば、弱くなっていたまつげはきちんとハリのある健康的なまつげに育ってきますよ!しっかりとしたまつげになったら、すっぴんにも自信がもてますよね。

  • 「マスカラが必要なくなる」
  • 「メイク時短になって楽チン」
  • 「アイメイクなしで外に出れる」
  • 「彼氏とのお泊りも怖くない」

こういった嬉しい感想がもてるようになります。毎日悩んでいた目元の悩みもバッチリ解決できそうですよね。

ここでは、「まつげを増やす方法」を実際に試してみた結果を5つまとめてみました。おすすめの方法はもちろん、実は危険だった気をつけてほしいことまで紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。

マスカラを美容液に変えてみる

ちょっとマスカラと美容液とではボリュームを出すという意味でも変わってきますが、まずはマスカラをお休みして自まつ毛への負担を無くすことです。

美容液はまつげをコーティングしてくれるので、汚れや雑菌から守ってくれます。また、栄養を与えてくれるのでハリやコシも戻ってくるんです。最近では育毛成分が入ったまつげ美容液もあるので、「増やしたい!」という人には本当におすすめです!

私も以前まつげパーマをしていたときのダメージでボロボロになりましたが、今ではかなり自まつ毛が増えてマスカラは一切使っていません。時々ボリュームが欲しいときにマツエクと併用していますが、みんなに自慢できるくらいになりました。

下まつげも自分でビックリするくらいに伸びてきて、量も増えて「切ろうかな…」と思ってしまったくらいです。

でもまつげ美容液にも効果のあるものと、ないものがあります。色々な種類があるので正直迷ってしまいますが、使うなら自分でも感動するくらいに効果のあるものを使いたいですよね。

実際に私が使ってみた良かったと思う美容液をランキングにしてみたので是非参考にしてみてくださいね。

まつげケアをするなら美容液

まつげの悩みを解消すべく数ある美容液を片っ端から使ってみた私が「オススメのまつげ美容液」を紹介します。

「本当に生えてくるのか」という疑問はもちろん、安全面、コスパや塗りやすさも合わせてまとめてみたので、是非マツ育を始めてみましょう!

1位.リバイブラッシュ

リバイブラッシュ
  • 【料金】6,450円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◎
  • 【リピート】95%
  • 【返金】有(60日間)

多くのランキングで1位を取っている人気美容液リバイブラッシュ。

「使って1ヶ月で生えてきた!」「チップ型で塗りやすい!」などなど実際の口コミも好評。私も実際に試していますが、すぐに効果を実感出来ました♪「絶対に生やしたい!」というあなたには一番オススメしたい美容液です。

また、返金保証も付いているので、万が一気に入らなくても安心ですし、これだけの人気商品で返金保証をしているのはそれだけ商品力に自信のある証拠です!

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ

まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

2位.プレミアムアイラッシュエッセンス

プレミアムアイラッシュエッセンス
  • 【料金】4,644円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

最近@cosmeでの評価が上がってきているまつげ美容液です。弱っているまつげをサポートしてくれる成分と、ワカメや昆布などのエキスで濃密まつげを作ってくれます♪

乾燥からも守ってくれるアロエベラや高麗人参などのが含まれているので、目元の美容液としても使えます。これ1本でまつげ(マツエクOK)・眉毛・目元と全てに使えるというのが嬉しいですよね。

プレミアムアイラッシュエッセンスの公式サイトはコチラ

プレミアムアイラッシュエッセンス

体験レビューを見る

3位.湘南美容外科ロングラッシュリッチ

リバイブラッシュ
  • 【料金】4,500円
  • 【形状】チップ+ブラシ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

湘南美容外科との共同開発で作られていて、スタッフさんたちも使っているという話題のまつげ美容液です。

口コミでは「抜けにくくなった」「まつげが濃くなった」と、長さよりも濃さやコシなどに効果があるようです。

実際に私も使ってみましたが、1ヶ月くらいでマスカラを塗ったような濃さになりました♪ 「まつげを伸ばしたい」という人にはリバイブラッシュがおすすめですが、ケアとして使いたいならロングラッシュリッチがおすすめです。

ロングラッシュリッチの公式サイトはコチラ

湘南美容ロングラッシュリッチ

商品の詳細はこちら

まつげ美容液について、もっと詳しく知りたい方は「本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5」も参考にしてみてください。

即効性を求めるならマツエク

「今すぐにまつげをなんとかしたい!」という人には、まつげエクステがおすすめです。もちろんこれで自まつ毛が増えるというわけではありませんが、見た目が増えたようになるので即効性があります。

実は私もマツエクをしているのですが、新しくまつげが生え変わるまで少しだけ付けてもらってボリュームを出しています。自まつ毛1本に対してエクステ1本付けているので、つけまと違ってパット見た時に自然な印象でバレません。

自分の目元に合ったデザインや本数を決めて、なりたい目元を再現できますし1度付ければ2〜4週間は持つのでその間の化粧もラクになります。「マツエクしてみたいけど、どうすればいいかわからない」という人は、是非コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

【近くのマツエクサロンを探すなら→ホットペッパービューティー

まつげが育つ食べ物を選ぶ

これには効果があるのか実感はわきませんでしたが、食べ物に関してはタンパク質を多く含むものがまつげにとっては良いんです。

例えば「大豆類」や「海藻」も成長をサポートしてくれる食材です。髪の毛を増やしたいから食事にも気を使っているのと同じですね。

時間もかかりますし、増えるというよりも健康的なまつげになるのは確かだと思うのでやらないよりは試してみる価値はありますよ。何より1番安全な方法なのですし、今からでも試せますよね。コツコツ派の人にはおすすめです。

食材を選ぶのが苦手な人にはサプリがオススメ

img_6695

いくらまつげに良いと聞いても、なかなかそのために食材を揃えて料理するって結構大変ですよね。

特に仕事していたり、家事で忙しいとそれどころじゃないと思います。そんな時に使って欲しいのが、まつげ専用のサプリメントです。ただ飲むだけで、まつげに必要な成分を摂取できるのでとってもカンタンです♪

公式だからこそできる定期コースが料金を安く手に入れることが出来ます!効果に関しても口コミで高評価なので、気になる人は更に詳しい体験レポをチェックしてみてくださいね。

バンビウィンクの公式サイトはコチラ

バンビウィンク

体験レビューを見る

 

病院で薬を処方してもらう

まつげがあまりにも減ってしまっている人は「まつげ貧毛症」かもしれません。ストレスで抜けてしまったり、自分で抜いていたりしているうちに生えなくなってしまいスカスカの状態になるんです。

まずは自分のまつげが何故少ないのか原因を知りましょう。人によっては精神的なもので抜いてしまう場合もあるのでそれによって診てもらう科が変わってきます。最初は眼科で診察を受けてみるのが良いと思いますよ。

我慢はせず、少しでも気になったら自分で解決しようとせずに病院で診てもらってくださいね。

ネットで話題になったニベア


「保湿効果はありそうだけど大丈夫なの!?」と不安になりながらも実際にやってみましたが、結論からいうと伸びません。

伸びたり効果があったと言う人達は、もともとのまつげが長くてニベアによって保護されて元の状態に戻っているだけなんです。決して伸びたり増えたりはしません。

しかも目元専用のものでもないので、とりあえず使ってみて目に入ったりしたら危険です。アイマッサージとして使うならまだ良いですがまつげを増やすためには意味がありませんので気をつけてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?
まつげを増やすためには、まずダメージを与えていた原因から解決していかなければいけません。

ケアする為にも色々な方法がありましたが、ネットの情報を鵜呑みにして目元専用のケア用品でなければ絶対に使わないように気をつけてくださいね。

即効性を求めるなら「マツエク」、時間はかかるけど効果のある「まつげ美容液」をうまく使って自まつ毛を増やしてフサフサな目元を目指してくださいね。

 - まつげ美容液, 悩み