まつげパーマは失明の危険性が!?安くてもセルフをおすすめしない7つの理由

まつげパーマって、1度やるとカール感に感動して何度もやってしまいますよね。私も昔はサロンに月1で通ってました。

だいたい1回2000〜3000円くらいでできるので、そこまで高いというわけではありませんが自分でまつげパーマをするとその1回の価格で10回分になって安く抑えることができます。

「セルフでやるとそれだけ安くできるのか!」と知ってしまうとやりたくなる人もいるかと思います。

でも、それが失明になる危険があるということを理解していますか?きっと安さに釣られてしまって他のことって何も考えてないと思います。もしくは危険だとわかっていても「私は大丈夫だろう」と思っているのではないでしょうか…

結果的に失敗してしまったことを考えたら、治療費もかかって逆に高額になりますし最悪の場合失明してしまうことだってあります。

というわけで今回は、セルフまつげパーマをすることによってどういった危険があるのかまとめてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

セルフまつげパーマが危険な7つの理由

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

最悪失明してしまう恐れがあるという話しをしましたが、現在も自分でまつげパーマをして目が腫れてしまったりと眼科に通っている人たちがいます。

じゃあ説明書を読んで気をつけてやるなら大丈夫なのかというと、そういうわけではありません。

ここではどうして自分でやってはいけないのかについてを7つの理由に分けてまとめました。この記事を読んで少しでもセルフまつげパーマが危険なものかと気付いてほしいです。

美容師免許がないと施術できない 

これは施術を他人にするときの話なので、セルフに関してはグレーゾーンですし「絶対にやったら違法になる」というわけではありません。

昔は美容師免許がなくても施術できている時代でしたが、やはり知識が浅いことでトラブルが多発するようになって2008年に厚生労働省が「美容所の取得を必須にする」と決めました。つまりそれだけのトラブルがある危険行為だということです。

国家資格をとらないとできないというのは、いかにその行為が難しいのかがわかると思います。セルフでやるのは問題ないかもしれませんが、技術や知識がないといけないのでそれだけの自信がなければ絶対にやっては失敗するので考え直しましょう。

安いキットはパーマ液が強い

本当に良い成分だったり、作るために料金が高額になってしまうと販売される価格が高くなるのはわかりますよね。コストを抑えて安く販売するとなると、やっぱり使うものの質を落とさなければいけません。

セルフでやる理由は安くできるからということですが、それは使うキットが格安で手に入るからです。

でもそのキットの成分や使った口コミとかチェックしてますか?実は安いのには理由があって、使っている成分が強く目が染みたり肌が荒れてしまう可能性が高いんです。

しかもまつげパーマで使ってるパーマ液って、まつげ専用のものではないんです!髪の毛に使うものと同じなので手に付いても荒れてしまったりします。それだけ肌に対して成分が強いので、安さで選ぶのはもちろん自分でやることは危険なんですよ。

目を開けながらのやり方が難しい

私は怖くて自分でなんて絶対にできませんが、サロンで施術を受けたことがあります。

そこでセルフでやるのとサロンでやるのとで違いを知ったのですが、通常まつげパーマするときって目の中にパーマ液が入らないようにずっと目を瞑っておくんです。

でも、セルフの場合だと目を瞑ってしまうと見れないので目を開けた状態で施術します。ちょっとこちらの動画をみてください。

サロンでやったことのある私からすると考えられません。これじゃ失敗する人が増えてしまうわけだと改めて実感しました。

慣れている人はカンタンにパパっとやってみせますが、初めて自分でやる人にとっては本当に難しいですし目の中に入らないように施術するので精一杯だと思います。

自分でやると失敗しやすい

先程のように目を開けた状態で施術するので、目の中にパーマ液が入らないようにしていても瞬きをしたり欠伸をして、涙が出る時と一緒にパーマ液まで混ざってしまってしまうことがあります。

こういった痛みなどのトラブルもありますが、失敗してしまう事例は他にもたくさんあるんですよ。

  • まつげがなくなった
  • 束になってクセが付いた
  • バラバラで見栄えが悪い
  • 全くカールがかからない
  • 直角に曲がってしまった

せっかくまつげパーマをしてもこんなふうに失敗してしまっては意味がありませんよね。安くできても意味のないことだと思います。

自宅だと何かあったとき対応できない

もしも、セルフでまつげパーマをやっていてパーマ液が入ってしまったらどうしますか?

まず自分は何をするのか、どう対処するのかと色々と準備をしておかないと手遅れになって失明したりなんかしたら本当に大変です。

自宅で誰か家族がいる時とかなら急いで親に救急車に連絡をしてもらったり、眼科へ連れて行ってもらったりすることもできます。

でも1人だと心細いですしパニックになって痛みで電話どころじゃありませんよね。

セルフまつげパーマはこのように、失敗した時のことを考えると対応にまで時間をとられて結果的にやらなきゃよかったと思うリスクが高いです。

チリチリになって毛先が痛みやすい

これはセルフじゃなくても、何度もまつげパーマをやっているとダメージにより起こる現象です。サロンでやっていても痛むわけですから自分でやったら、加減もわからないので余計に傷んでしまいそうですよね。

そもそもサロンでは毛先までやってしまうと、傷んでいるまつげだとすぐにチリチリになってしまうのでパーマ液って塗らないようにしているんです。

でもセルフでやっていると、その判断ができない人もいるのでそのまま塗ってしまって最悪の仕上がりになってしまいます。

カールをつくる時は「ロットタイプ」と「ビューラータイプ」があって、どちらが良いんだろうと悩んでいる人がいますが、毛先にまで付けてしまったらどちらにせよ失敗しちゃいますよ。

ひどい場合は「焦げちゃったの!?」ってくらいになるので、毛先を切る羽目になってしまいます。生え変わるまでに個人差があるのものの2ヶ月はかかるので、失敗したら元に戻らないと考えておいたほうが良いです。

まつげが抜けて脱毛症になる

まつげパーマで失敗してしまうと、瞼が腫れてしまったりまつげの毛先がチリチリになってしまったりします。

毛先まで傷んでしまうと、もうそこからキレイな状態に変わるというわけではないので生え変わるまで待つしかありません。でもそれだけのダメージを与えてしまうと毛根にまで影響を受けてしまうことがあります。

それがまつげが抜けて生えてこないという「脱毛症」です。

私も1度なんたことがありますが洗顔をしたり、目が痒かったりした時にちょっと目を擦っただけでまつげが抜けてしまいました。

通常2〜3ヶ月で生え変わるはずの新しいまつげが、全く生えてこなくて抜けたままの状態だったので部分的にスキマだらけのスカスカなまつげになってしまったんです。

こうなってしまうと、正直自分の力だけではどうにもできません。まず「失敗したかも」と思った時点で眼科へ行かないと手遅れです。

また、「失敗しなければ大丈夫」というわけでもなくまつげパーマは失敗しなくても絶対にまつげにダメージ与えるものなので続けていたら確実にまつげは抜けやすくなってしまいます。

カールが作れるのでとても便利な美容法ですが、まつげがなくなってしまっては意味がありませんよね。

 

美容所登録済みサロンを利用する

6055d876bac5c78930bf1d3b6f84b138_s

セルフでやる危険性はわかったかと思いますが、それでも「どうしても1回だけはまつげパーマをやってみたい」という人がいるかもしれません。

例えば「逆さまつげ」で悩んでいる人だって中にはいると思います(私も以前逆さまつげで悩んでいました)目の中に入りやすいので瞬きするときとか眼球に刺さってしまったりして痛いですよね。

私の場合は上下共に逆さまつげだったので、目を閉じるのが怖かったです。

酷い人だと手術して治す人もいますが、やっぱり金額がそれなりにするのでどうしても思い切ってうけることができませんでした。そんなときにカンタンにしかも安く治せるかもしれないと聞いたのがまつげパーマです。

カールの癖付けができるので、人によってはこれで逆さまつげが解消される人もいます。ただし1回だけでは2〜4週間でまたもとに戻るので定期的にやらなければいけません。だからセルフでなるべくコストを抑えたいんですよね。

でも自分でやると失敗するリスクが高いのはもちろん、万が一何かあった時に視力低下などの恐れがあります。それならなるべく安全な方法で受けたいですよね。

ここでは、どうしてもまつげパーマをやらないければいけない人の為に安心して受けられる方法についてご紹介します。「自分でやらなければ大丈夫」というわけでもないので是非この記事を参考にしてみてくださいね。

資格のない違法サロンに注意

まつげパーマは、マツエク(まつげエクステ)と同様で他人にやるときは美容師免許の国家資格が必要です。

やっぱり目元トラブルが多発していたようで、2008年正式に決まりました。なので資格がない人が施術しているサロンは「違法サロン」になります。

昔からやっているから技術はあるというサロンでも、資格がなければそれは違法です。

また、資格があっても「美容所登録」があるところじゃないとサロン経営ができません。施術ができる環境なのかを保健所できちんと調査してもらって審査がクリアになると開業できる仕組みになっています。

つまり、美容師免許を取得しているスタッフと美容所登録しているサロンじゃなければほぼ「違法サロン」だということです。心配な人は聞くことは悪いことじゃないのでお店の人に確認しましょう。

スクール卒業だけでは施術できない

ちなみによく「インストラクター(ディプロマや認定資格)」がいますが、これはまつげパーマの良さを伝える人なので他人に施術すると違法になります。

もちろん専門のスクールへ通っている人は知識も技術も学んでいるはずなので、信頼できるかもしれません。

でも、結局は施術しても良いという資格は持っていないのでそれだけではダメなんです。よく「これでまつげパーマできます!(他人にやってもいいとは記載してない)」なんて書いてある情報もありますが、あくまでも(自分で)という意味を覚えておいてくださいね。

美容師免許を取得していて、更にスクールに通ってインストラクターにもなったという人なら任せても安心してまつげパーマを受けることができますよ。

ホットペッパー掲載サロンなら安心

CMでも人気のホットペッパービューティーで探すことをおすすめします。

  • 24時間いつでもネットで予約できる
  • 実際のお客さんの口コミが読める
  • お店の雰囲気がわかる
  • デザイン写真をチェックできる
  • クーポンでお得にできる

こういった嬉しいメリットがたくさんあります。登録も無料なので、自分に合ったお気に入りのサロンを見つけてくださいね。

 

美容液でケアをしてすっぴんまつげで勝負

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yuka863_ok15185909

私のように逆さまつげが悩みで、どうしてもまつげパーマをしないといけないなんて人はまつげへの負担もかかりますが何度もやらないといけないですよね。

毎回やっていると、まつげが傷んできて抜けやすくなってきます。だからこそまつげを保護してあげなければいけません。

髪の毛だって傷んでいたらトリートメントしてあげますよね?それと同じようにまつげにも保湿効果を与えてあげなければずっと傷んだままですし、そのうちまつげが脱毛症になる危険だってあるんです。

ここではまつげ美容液をおすすめする3つの理由についてお話しますので、是非チェックしてみてくださいね。

保湿効果で艶のあるまつげになる

美容液を塗ってあげると、まず使った瞬間にまつげが潤って見た目もツヤツヤになります。例えるなら透明なマスカラを塗ったような感じです。

まつげ専用というのもあって、きちんとまつげに対して良い成分が入っています。だから保湿もできますし、ダメージから守ってくれるので抜けにくくしてくれるんですよ。

毎日使うことによって、私はまつげにコシも出てきたと感じました。使えばきちんと結果が出ます!

マスカラもビューラーも必要なし

今までまつげが少なかったのは、きちんとケアをしていなかったからだったんだなと思いました。

毎日肌や髪の毛はケアをしていますけど、まつげってあまりしないですよね…。日頃からスキンケアをしていたって肌荒れにもなるし枝毛だってできてしまうくらいなんですから、まつげに対して何もケアしていなかったらダメージは相当強いというのがわかると思います。

まつげケアをしたことがない人が美容液を使うと、効果はすぐに実感できますよ。初めの頃は「あ!ちょっとこくなってきたかも!」と思いますが徐々に長さもでてきます。

私の場合は最終的に1センチくらいまつげが伸びました。脱毛症になったときから考えると信じられませんが、今では毎日必ず使っています。

抜けたまつげも生えてくる

実はまつげ美容液には、保護したりダメージから守ってくれるだけじゃなくて「育毛成分」の入っているものもあります。

今では数多くの種類が販売されていますが、その中でも注目してほしいのが育毛効果のある美容液です。

育毛剤とは違って美容液には副作用が少ないので、まずそこでも安心して使えますしまつげケアが美容液1つで欲しい効果が詰っていますね。

もちろん全ての美容液が良いというわけではありません。私もドラッグストアで販売されているものから、通販で販売されているものまで色々と試してきました。

人によって効果はさまざまかもしれませんが、やっぱり口コミが1番信頼性が高いです。私は食事するときとかも口コミを必ずチェックするのですが情報だけじゃなくて実際に体験した人たちの生の声がわかるので絶対にチェックしておいて損はないと思います。

でも、美容液を選ぶといっても種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからなくなっちゃいますよね。そこで使ってみて最も効果が良かったと思える美容液を厳選してランキングにしてみました。 

私が選んだまつげ美容液ランキングTOP3

マツエクは今スグにパッチリまつ毛に出来るところが大きなポイントですが、自まつげが少なくなってきたり、弱くなってすぐ抜けてしまうとマツエクの持ちも悪くなってしまいますし、最悪マツエクすらも出来なくなってしまいます。

そこで多くの人はどうしているのかと言うと、マツエクと一緒に「まつ毛美容液」を使っています。こうすることでまつげに栄養を与え、抜けにくく、しっかりとしたまつ毛を生やすことが出来るんですね。

なので、今スグの悩みは「マツエク」、長期的な悩みは「まつ毛美容液」の同時進行でケアをしていくことをオススメしています。(もしまつ毛が生えてきたらいずれはマツエクも卒業出来ますよね)

 

でも、いざ試そうという時に気になるのが「本当に生えるのか?」ということですが、結論から言うと「生えるものもあるし、生えないものもあります。」

今回はそんな「実際に生える美容液」を、口コミを参考に実際使ってみた結果からランキングにしてまとめてみました。マツエクと同時に「まつ育」もしっかり始めていきましょう!

1位.リバイブラッシュ
リバイブラッシュ
  • 【料金】6,450円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◎
  • 【リピート】95%
  • 【返金】有(60日間)

多くのランキングで1位を取っている人気美容液リバイブラッシュ。

「使って1ヶ月で生えてきた!」「チップ型で塗りやすい!」などなど実際の口コミも好評。私も実際に試していますが、すぐに効果を実感出来ました♪「絶対に生やしたい!」というあなたには一番オススメしたい美容液です。

また、返金保証も付いているので、万が一気に入らなくても安心ですし、これだけの人気商品で返金保証をしているのはそれだけ商品力に自信のある証拠です!

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ

まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

2位.プレミアムアイラッシュエッセンス
プレミアムアイラッシュエッセンス
  • 【料金】4,644円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

最近@cosmeでの評価が上がってきているまつげ美容液です。弱っているまつげをサポートしてくれる成分と、ワカメや昆布などのエキスで濃密まつげを作ってくれます♪

乾燥からも守ってくれるアロエベラや高麗人参などのが含まれているので、目元の美容液としても使えます。これ1本でまつげ(マツエクOK)・眉毛・目元と全てに使えるというのが嬉しいですよね。

プレミアムアイラッシュエッセンスの公式サイトはコチラ

プレミアムアイラッシュエッセンス

体験レビューを見る

3位.湘南美容外科ロングラッシュリッチ
ロングラッシュリッチ
  • 【料金】4,500円
  • 【形状】チップ+ブラシ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

湘南美容外科との共同開発で作られていて、スタッフさんたちも使っているという話題のまつげ美容液です。

口コミでは「抜けにくくなった」「まつげが濃くなった」と、長さよりも濃さやコシなどに効果があるようです。

実際に私も使ってみましたが、1ヶ月くらいでマスカラを塗ったような濃さになりました♪ 「まつげを伸ばしたい」という人にはリバイブラッシュがおすすめですが、ケアとして使いたいならロングラッシュリッチがおすすめです。

ロングラッシュリッチの公式サイトはコチラ

湘南美容ロングラッシュリッチ

商品の詳細はこちら

まつげ美容液について、もっと詳しく知りたい方は「本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5」も参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

まつげパーマをセルフですることは、自分でいつでも好きな時にできるというのと安く済むのがメリットではありましたが、失敗しやすく最悪の場合失明してしまう危険性があったことがわかりました。

また、どうしてもまつげパーマをしたいと言う人にも美容師免許が持っていない人は違法だったことがわかりましたね。安全性を考えて、もし施術を受けるならホットペッパービューティーを使ってチャレンジしましょう。

まつげ美容液を使うことによって、ダメージを防いでくれてしっかりと保湿してくれるので、まつげパーマする時も必ずケアを忘れないで下さいね。

自分に合った美容液を使って、健康的な自まつ毛で勝負出来るようにしましょう。

  関連記事