ailey [エイリー]

まつげのカールはメイク直し必要!?絶対に落ちずにキープできる方法

  知識

5d4a87c1cbab286259db9a028acea610_s

毎日メイクをしている中で、メイク直しをせずに1日中キープできたことってありますか?

私の場合、口元はランチの後に直しますし、フェイシャルはテカりが気になって夕方近くなってくるとメイク直しをしています。

そして、何度もメイク直ししていた部分が「目元」です!崩れると、目の周りがパンダ目になってしまいますし面倒ですよね…それだけではありません!まつげのカールが落ちてきてしまっていませんか?
まつげが上がることによって目を大きく見せているのに、下がってきてしまうと意味がありませんよね。

  • アイシャドウ
  • アイライン
  • ビューラー
  • マスカラ

これらのアイメイクを朝にバッチリと化粧をしても午後になると、カールが落ちるのでメイク直しをしなければいけません。長持ちさせる方法を色々試してみましたが結果的に納得できる方法が見つかりませんでした…

今回は、まつげをカールしてそのままキープさせる方法を実際に自分でやってみました!
その試してみた結果と、おすすめのメイク法についてお話します♪

今まで悩んでいた方は是非参考にしてみてくださいね!

 

まつげをカールさせる道具は?

e2b95906413193c99f3af5c5af71e198_m

ここでは、まずどういった方法でまつげをカールさせていたのかについてお話します。

私は、ビューラーをライターで炙ってホットビューラーの代わりにしてまつげを上げていました!
今考えると瞼に火傷してしまう恐れがあったのによくできたなぁと思います…更に温めすぎてしまうと、自まつ毛を痛める原因になるので絶対に真似はしないでくださいね!

カールさせる方法として、きっと「ビューラー」1択の方が多いと思いますが、実はビューラーなしでカールはできますよね♪
初めてメイクをするからどうすればいいのかわからないという方に向けてご紹介します。

ビューラーで根本から上げる

メイクの基本の1つであるビューラーです。根本からしっかりと挟んでカールさせます。正しいカールのやり方は、利き手でもって軽く根本から真ん中、毛先にむけて分けながら徐々にあげていくのですが、私は上にぱっちりとカールさせたいという気持ちの強さで思いっきり引っ張っていました…

でも、上にあげればその分自まつ毛は引っ張られるので抜けてしまう原因になるんです。それだけではありません!まつげが折れてしまって途中で切れてしまったりと、自まつ毛にダメージを与えてしまいます。

ホットビューラーで温めて使うビューラーもあります。通常のビューラーだと瞼を挟んでしまったりと苦手な方は、こちらを使用している方もいますね。まつげに当てるだけで熱でカールしてくれるのでとても簡単にできちゃいます♪しかし、こちらも熱をあてているので毎日使っていたら傷んでしまいますよね…私も使用しましたが、あてる時間を気をつけないければ火傷してしまいますし、そうなったときにまつげがチリチリになってしまいます!

結果的にビューラーは自まつ毛を強制的に引っ張っているので、抜けたり切れたりしないように、美容液を使ってケアしながら使うことをおすすめします。

マスカラでカール力をだす

次にカールさせる方法が「マスカラ」です♪正直に言いますと、くるんとしたぱっちりするまつげにはなりません!自然なカール程度なのでナチュラルメイクにしたい方や学生さん向けです。

マスカラのコームが曲がっていて「カールタイプ」のものがあるので、そちらを使用しました。本当にカールしてるのか自分ではわからないレベルで、いつもがっつりカールしている人は物足りないかもしれません。私も、すぐにビューラーでカバーしてしまいました!

これもまた、カールが落ちないようにしても濡れてしまったら終わりです。それだけでなく、マスカラの場合、崩れたら目元が真っ黒になってしまいます…

ウォータープルーフを使用するという考えもあるかもしれませんが、絶対に落ちないという保証はありませんし、そのタイプのマスカラはクレンジングの時に自まつ毛を痛めている原因というのを知っていますか?CMでも例え話で「セントバーナード2匹を引っ張っている力」と言っていますよね。

結果的に私は、カール重視派なのでマスカラだけでは満足出来ませんでした。

まつげパーマで強制的に引っ張る

ロッドやビューラーでまつげを固定して、パーマ液でカールを付けるという方法です。実際に私もまつげパーマを試してみました。確かにぱっちりとしたまつげになって初めてした時は驚きました。毎朝のメイクでビューラーをする必要もなくなるのでとても楽になりました♪

しかし、最初は良かったと感じましたが2回目、3回目と施術していくにつれて自まつ毛が細くなってきました。せっかくカールされてもボリュームがなくなるんです…どういうことかと言うと、抜けて生えかわった自まつ毛が弱くなっていました。
原因は「パーマ液」でした。このパーマ液はまつげパーマ専用のものではありません。髪につけているものと一緒です!ここまで言うと何となくわかるかもしれませんが髪の毛もパーマをかけると痛む原因になりますよね?そうです、髪の毛よりも細いまつげに付けているわけですから傷まないなんてことはありません!

ネットで「まつげパーマは自まつ毛のダメージは少ないですよ」なんて回答がありましたが、かなり痛んで自まつ毛が抜けやすくなりました。
最終的にアイメイクはしばらく出来ず、まつげ美容液を塗って頑張って元に戻すことができましたが、それまでは切れ毛が多く、まつげが短い状態で更に抜けやすく酷い状態でした。

カールさせる方法の中で、個人的に1番まつげに対してダメージが大きかった方法です。

 

カールがキープできない3つの原因

92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_s

今まで色々試してみたけど、カールが長持ちしないという人はいますか?せっかく時間をかけてメイクしても落ちてしまうのって悲しいですよね…そもそも、まつげも上がらないなんて人は今すぐにまつげのケアをしましょう!きっとまつげが弱くなっています。

ここでは、長持ちできない原因である3つを分けて、理由を含めてまとめてみました。疑問に思っている人は是非参考にしてみてくださいね。

まつげが傷んでハリがない

どうして傷んでしまったのか、きっと本人なら思い当たることがあると思います…私の場合は「まつげパーマ」が原因でしたが、他にも原因になるものがあります!それは「つけまつげ」です。

「つけまつげ」は、クレンジングのときに、まつげを強制的に引っ張っているので最悪の場合、そのまま抜けてしまうことだってありますし、瞼にも影響があるので将来たるんできます。

傷んだまつげは、栄養がなくハリやコシを失っています。健康的なまつげと比べて、触ってみると細くなっていて摘んだら切れてしまいそうになります。そんな状態でカールしようとビューラーを使ってしまったら、ブチブチとまつげが切れてしまいますよ。

まつげが傷んでいる時は、もう何も出来ません。「メイクしないと無理」という人でも、まつげがスカスカな状態で、悪化させてしまうと新しく生えるものも生えてこなくなります。まつげ美容液を使ってしばらくはお休みしましょう…

古くて汚いビューラーを使っている

ビューラーは使った後、普段どうしてますか?

  1. ティッシュで拭いて、付いた汚れを落としている
  2. ビューラーのゴムが弱くなったら替える

この2つが出来ていれば問題ありません。カールが長持ちしない原因は他にあります。何故汚れを落とすのかと言うと、まつげに油分や汚れが付いてしまうと、マスカラを塗った時にカールがキープできなくなるんです。それだけではなく、ビューラーには汚れだけでなく雑菌も付いています。そのままの状態で目元に触れたらどうなると思いますか?雑菌が付いてしまいますが、それが原因で瞼が炎症してしまう危険があります。
カールをキープする為だけでなく、衛生面でも目を守る方法の1つとして、必ず汚れを落としましょう!

ゴムを替える理由は、ビューラーでカールさせたあとに溝にまつげが抜けて挟まっていることがありませんか?古いものを使っていると、弾力が弱まってしまうのでカールできず、まつげを上にあげようとしても上がらず、強く引っ張ってしまいます。それが原因で、まつげまで抜けてしまうんです。

カールがキープ出来ないだけでなく、まつげが抜けてしまうので正しく使ってくださいね。

マスカラとの相性が悪い

これは、私も使っていて気付いたことなんですが、自まつげの長さや状態によってマスカラを使った時の持続力が違いました。特にフィルムマスカラが持続力が悪かったように感じました…

調べてみたところ「お湯で落ちるタイプのマスカラ」はカールが落ちやすいそうです。通常のマスカラの場合、キープ出来ても崩れる心配がでてきます。そうです、目の周りが真っ黒になる心配が増えてしまうのです…

そうなると、濡れても落ちにくいウォータープルーフの出番ですよね。しかし、使い続けると自まつ毛を痛めてしまう結果になるので悩むところです…

私は、カールを持続させたかったのと、まつげにボリュームを出したかったのでマスカラを塗っていましたがマスカラを使用する場合ってビューラーとセットで使いますよね?
ダブルで使用することによって、自まつ毛が徐々に傷んでいくんです。自分でそれに気付いた時、何か別の方法を見つけないといけないと感じました…

 

キープさせる方法って?

bd0ec558516fa0aee3a0adc7eb310549_s

では、カールされているまつげは、どのようにしてキープさせているのでしょうか?結局、毎日メイクをしても途中で落ちてしまうので何をやっても無駄だと思っていました。

でも、それではずっとメイク直しが必要でとても面倒ですよね?

ここでは、雑誌などでおすすめとして紹介されていた方法を3つに分けてまとめてみたので、実際に試してみた結果と一緒にお話します♪

マスカラ下地

下地を塗ることによって、マスカラの働きをサポートしてくれます。マスカラ下地にはカールをキープしてくれる他にも「まつげの長さ」「まつげのボリューム」を出してくれます♪
マスカラの前に下地を塗ることによって、マスカラの効果が発揮できて崩れにくくなるのもメリットの1つです。

ただし、これらは下地のタイプによって効果が異なります。全て叶うというわけではありません!マスカラと同じように「カールタイプ」、「ロングタイプ」、「ボリュームタイプ」とあります。

その為、キープさせたいなら「カールタイプ」を使用する必要があります。しかし湿気の多い場所では、せっかく下地を塗っていても落ちやすくなります。

カールがキープ出来ても、マスカラが落ちてしまってはパンダ目になってしまって台無しですよね。

透明クリアマスカラ

マスカラを塗った後にトップコートとして塗って、艶を出してコーティングする役目があります♪
私は、このやり方が実際にやってみて良かった気がします。

人によっては、マスカラを塗る前の下地として使う場合もあるそうです、マスカラを塗った後の方が毛先についたダマになっている部分も絡めとることができました。

透明マスカラでのデメリットに関しては、マスカラとの相性によってはメーカーによって、効果が得られないことです。

また、コーティングが出来ますが、先ほどのマスカラ下地と同様で必ずしもメイクが落ちないというわけではありません。
メイクが面倒に感じている人にとっては、「下地」「マスカラ」「コーティング」と3段階あるので少し手間に感じてしまうこともあります…

ヘアスプレー

まつげ用のコームにヘアスプレーをかけて、それをまつげに塗ると固まってカールがキープできるという方法です。

これを初めて知った時に「髪の毛にするものなのに大丈夫なの!?」と不安になりました。何故なら、ヘアスプレーのハードタイプにはセメダインが入っているんです…。

外部からの刺激によって、まつげのキューティクルも剥がれてしまいますし、栄養が流れてしまって成長を止めてしまいます。

「クレンジングで落とせば問題ない」と思いましたか?
内部にはいったセメダインは確実に落ちていません!そのまま自まつ毛を破壊していって傷んで切れてしまう原因になります。考えただけでも怖いですよね…

カール力は固まって長持ちしましたが、ベタベタしましたし、そもそも髪の毛に使用するものなので絶対にやめましょう!

 

絶対にカールを長持ちさせるならマツエク

FotorCreated

せっかくまつげをカールできても、やり方によっては自まつ毛を痛めてしまう原因になってしまったり、キープさせる方法でもデメリットを感じました…

まつげのカールをキープするのは無理だと思っていませんか?

私も、ここまで読んでいると自分でもメイクではまつげのカールをキープするのは無理だと思います。実際にできたとしても結果まつげにダメージを与えてしまう方法になるので、長い目で見るとチャレンジするのに躊躇してしまいます。

そこで、そんな悩みやデメリットを含めて解決できるのが「まつげエクステ」なんです♪やはり、自まつ毛を痛めずにカールさせてキープするのは難しいです。でも、見た目としては目元がぱっちりとカール出来ていて、その状態が保てれば良いわけですからマツエクはそれを解決できます!

まつげエクステは、自まつ毛1本に対して1本づつエクステを付けていくものです。
「長さ」「太さ」「カール」「デザイン」「本数」をそれぞれ選んで付けれるので、自分のなりたい目元をイメージして仕上げることができます♪

ここでは、そんなマツエクがどういったことにメリットがあるのかをお話します。

ビューラーなしでOK

自分のまつげをカールするのではありませんが、カールのあるエクステを付けることによって、ビューラーで上げたような仕上がりにもなりますし、まつげパーマのようなくるんとしたデザインにすることもできます。

「エクステを付けるだけで本当に変わるの?」

と疑問に思った方は、上の写真を見てください。左がすっぴんのまつげで、右側がマツエクを付けたまつげです。どうでしょうか?自まつ毛をカールしたわけではないのに自然にくるんと上がってますよね♪

マツエクは、付けただけでこれくらいのボリュームとカールを自然に出すことが出来ちゃうんです!1度付ければ、本数にもよりますが約1ヶ月もつのでおすすめです!

濡れても大丈夫

マツエクのメリットとして、マスカラとは違って落ちて目の周りが真っ黒になるなんてことはありません。施術当日は最低5時間は濡らしてはいけませんが、グルーと呼ばれる接着剤が乾けば、汗にも水にも負けません!

カールしてウォータープルーフでキープしいてても、結局濡れてしまうと落ちてしまいましたよね…
その「落ちて崩れる」という心配がマツエクならいらないんです♪

よく、すっぴんになっても目元だけはそのままにしたいという方がいますが、プールも温泉もマツエクならそのままで大丈夫なんですよ♪
マツエクを付ければ、そのままの状態でいられるので、化粧を落としても目元のまつげはカールされていてボリュームもあるんです!これなら、近くのコンビニまでならすっぴんでも気にせず行けちゃいます♪

メイク直しの必要なし

今までカールが落ちてきて、何度もメイク直ししてませんでしたか?私は、それが面倒で毎日メイクするのが面倒でした…

でも、マツエクには

  1. ビューラー
  2. マスカラ
  3. アイライナー

この3つのメイク道具を使わなくても、その効果があるんです♪
つまり、毎日のアイメイクが必要なくなります!これだけでもありがたいですよね!私は、このアイメイクに時間がかかっていましたし、メイク直しの時もビューラーでまつげを上げて、マスカラ塗って…とストレスでした。

マツエクを付けてからは、目元のメイク直しは1度もしたことがありませんし、毎日のメイク時間も短くなりました♪

美容液で更にマツエク長持ち

マツエクを付ければ、そのデザインの状態が保てるということがわかりましたが、ケアをするかしないかによって、保ちも変わってきます。私は、初めてマツエクを付けた頃は何もせずにいたんですが、まつエクサロンのアイリストさんから「まつげ美容液をつけた方が保ちは良い」と聞いて、以前自まつ毛ケアとして使っていたものでケアしてみました。

まつげ美容液を塗ることによって、マツエクがコーティングされて汚れなどから守ってくれます。それが長持ちする理由なんです!更に、艶も出るので見た目も麗に見えますよね。
もちろん美容液なので自まつ毛のケアをすることも出来て、一石二鳥なんです♪

 

マツエクするなら専門サロンで予約しよう

マツエクをするならCMでも人気のホットペッパービューティーで予約しましょう!24時間いつでも、どこでもネット環境があれば予約できるので仕事帰りでも出来ちゃいます♪

掲載されているサロンは、「美容師免許取得者」で「美容所登録されているサロン」なので安心です。

実際に行った人たちの口コミも見れたり、お店の雰囲気や通常メニューよりも安くできるクーポンなどがありますよ♪登録も無料で出来て、更にはポイントも貯めることができちゃいます!溜まったポイントでまたマツエクを安くできるのでおすすめです。

デザインの写真もあるので初めてマツエクをすることに不安な方は、どんな仕上がりになるのかまで見ることが出来ますよ♪自分に合ったお気に入りのサロンを見つけてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今までまつげのカールをキープ出来ずに悩んでいたかもしれませんが、マツエクでその悩みを解決できるということがわかりましたね♪

  • ビューラー
  • マスカラ
  • まつげパーマ

これらは、使い続けると自まつ毛が傷んでしまって私のようにボロボロになってしまうので注意しましょう…
まつげ美容液でケアしながらマツエクで、悩み解消してくださいね♪

自まつ毛もケアしてマツエクの持ちを良くする方法

マツエクは今スグにパッチリまつ毛に出来るところが大きなポイントですが、自まつげが少なくなってきたり、弱くなってすぐ抜けてしまうとマツエクの持ちも悪くなってしまいますし、最悪マツエクすらも出来なくなってしまいます。

そこで多くの人はどうしているのかと言うと、マツエクと一緒に「まつ毛美容液」を使っています。こうすることでまつげに栄養を与え、抜けにくく、しっかりとしたまつ毛を生やすことが出来るんですね。

なので、今スグの悩みは「マツエク」、長期的な悩みは「まつ毛美容液」の同時進行でケアをしていくことをオススメしています。(もしまつ毛が生えてきたらいずれはマツエクも卒業出来ますよね)

 

でも、いざ試そうという時に気になるのが「本当に生えるのか?」ということですが、結論から言うと「生えるものもあるし、生えないものもあります。」

今回はそんな「実際に生える美容液」を、口コミを参考に実際使ってみた結果からランキングにしてまとめてみました。マツエクと同時に「まつ育」もしっかり始めていきましょう!

1位.リバイブラッシュ

リバイブラッシュ
  • 【料金】6,450円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◎
  • 【リピート】95%
  • 【返金】有(60日間)

多くのランキングで1位を取っている人気美容液リバイブラッシュ。

「使って1ヶ月で生えてきた!」「チップ型で塗りやすい!」などなど実際の口コミも好評。私も実際に試していますが、すぐに効果を実感出来ました♪「絶対に生やしたい!」というあなたには一番オススメしたい美容液です。

また、返金保証も付いているので、万が一気に入らなくても安心ですし、これだけの人気商品で返金保証をしているのはそれだけ商品力に自信のある証拠です!

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ

まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

2位.プレミアムアイラッシュエッセンス

プレミアムアイラッシュエッセンス
  • 【料金】4,644円
  • 【形状】チップ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

最近@cosmeでの評価が上がってきているまつげ美容液です。弱っているまつげをサポートしてくれる成分と、ワカメや昆布などのエキスで濃密まつげを作ってくれます♪

乾燥からも守ってくれるアロエベラや高麗人参などのが含まれているので、目元の美容液としても使えます。これ1本でまつげ(マツエクOK)・眉毛・目元と全てに使えるというのが嬉しいですよね。

プレミアムアイラッシュエッセンスの公式サイトはコチラ

プレミアムアイラッシュエッセンス

体験レビューを見る

3位.湘南美容外科ロングラッシュリッチ

リバイブラッシュ
  • 【料金】4,500円
  • 【形状】チップ+ブラシ
  • 【口コミ】◯
  • 【リピート】未公開
  • 【返金】なし

湘南美容外科との共同開発で作られていて、スタッフさんたちも使っているという話題のまつげ美容液です。

口コミでは「抜けにくくなった」「まつげが濃くなった」と、長さよりも濃さやコシなどに効果があるようです。

実際に私も使ってみましたが、1ヶ月くらいでマスカラを塗ったような濃さになりました♪ 「まつげを伸ばしたい」という人にはリバイブラッシュがおすすめですが、ケアとして使いたいならロングラッシュリッチがおすすめです。

ロングラッシュリッチの公式サイトはコチラ

湘南美容ロングラッシュリッチ

商品の詳細はこちら

まつげ美容液について、もっと詳しく知りたい方は「本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5」も参考にしてみてください。

 - 知識