目の下のシミは治せる?今すぐに消す方法&知らなきゃ損する5つの原因

年齢を重ねるにつれて、自分の目元に衰えを感じることってありませんか?

私は、鏡を見た時に『え!?いつのまにシミが!』と目の下にできたシミを発見してショックを受けました。

シミ=老化

というイメージがあるので『私も年をとったんだな〜』なんて思っていましたが、実はシミには色々な種類があって年齢関係なく若い頃からできるものもあるんです。

とにかくシミがあることに対して『何とかしたい!』という気持ちは変わらないので、治せるものなら消したいですよね。

 

市販で売られているシミ消しのサプリや、クリームなどを使ってみましたが特に効果もなくお金を無駄にしていました。

できることなら、即効性があって効果を実感できるアイテムが欲しいですよね。

それにはまず自分の目の下にできてしまったシミに対して、何が原因なのかを知ることが大切です。
原因によって、今後の対策や消す方法も変わってきます。

 

というわけで、ここでは目の下にできてしまったシミの原因から治す方法、メイクで消す方法についてまとめてみました。

シミがあるだけで見た目年齢も変わってしまうので、しっかりと治して透明感のあるパッとした明るい目元にしたいですよね。

この記事が少しでもあなたの参考になると嬉しいです!
対策を含めて、是非最後までチェックしてみてくださいね。

シミの自己診断チェック

まず最初に…

目の下にできたシミが、何の種類のものかをチェックしてみましょう。
そもそもシミは一つだと思っていませんか?(私がそうでした)

シミには大きく分けて5つのタイプがあって、それには原因も違います。

原因によって治し方も違うので、自分のシミの種類がわかっていないと一生懸命ケアしていても意味がありません。

ここでは質問に答えるだけでわかる自己診断を用意したので、まずはこちらからチェックしてみてくださいね。

◼シミの自己診断◼

  1. シミが盛り上がっている
    yesは脂漏性角化症(イボ)】【noは次の質問】
  2. ニキビや火傷の傷跡がシミになった
    yesは炎症後色素沈着】【noは次の質問】
  3. シミの大きさは1cmより大きい
    yesは4の質問】【noは5の質問】
  4. 目の下、頬に左右対称にシミがある
    yesは肝斑】【noは老人性色素斑】
  5. シミがたくさんある
    yesは6の質問】【noは老人性色素斑】
  6. シミは子供の頃からある
    yesはそばかす】【noは老人性色素斑】

参考:銀座肌クリニック

シミには種類があると思っていなかったので、この診断をやったときは驚きました。
見た目も含めて、色々なシミがあったんですね。

「どれも自分に当てはまらなかった」という人は、もしかしたらシミではなく茶クマの可能性もあるので是非クマ診断も一緒にチェックしてみてくださいね。

◼上記に当てはらなかった人◼

  1. 瞼をあっかんべーするようにして下に引っ張ると消えますか?
  2. 上を見上げて薄くなりましたか?

◼結果◼

  • どちらをやっても変わらない→茶クマ
  • 上を向くと薄くなる人→黒クマ
  • 下に引っ張ると薄くなる人→青クマ

茶クマだったという人は、改善策がシミとは違うので茶クマ専用の記事を参考にしてみてくださいね。

参考:茶クマをメイクで誤魔化してる人必見!効果のあるおすすめアイクリーム5選

診断したことによって、それぞれ目の下にできているものがシミかクマかわかったと思います。

次はシミの種類について、原因を含めて詳しくお話していくので今後注意すべきポイントをチェックしていきましょう。

5タイプ別のシミの原因

自己診断チェックでもでてきましたが、シミには大きく分けて5つの種類に分かれています。
それぞれのシミは原因も違うので、改善策も異なります。

ここでは、解決策も含めてシミの原因についてまとめてみました。
今後どうやってケアしていけばいいか判断しやすいので、是非参考にしてみてくださいね。

日光黒子(老人性色素斑)

日光黒子(にっこうこくし)は1番代表的なシミで、老人性色素斑とも呼ばれています。
基本的に、みんなが言っている”シミ”はこれです。

だいたい20代後半あたりから出来てきて、50代には8割近くの人にできると言われているそうです。

これは顔以外にも、背中や腕など太陽を浴びる部位にできます。
放置していると悪化してしまうので、早めの対策をすることが大事なんです。

原因は2パターン

このシミには2つの原因が考えられます。

  1. 紫外線を浴びたメラニンの増加
  2. 肌のターンオーバーの乱れ

紫外線を浴びすぎてしまうと、肌を守るためにメラニンが生成されてシミになってしまうんです。
そして代謝が悪くなると、メラニンが溜まってしまってシミになります。

つまり、メラニンを増やさないように紫外線から肌を守ってあげて代謝を上げることが重要になってきます。

ターンオーバーの乱れは、紫外線だけじゃなく日常の生活にも影響するのでしっかりと睡眠をとってメラニン生成を抑える働きのあるビタミンCを摂るようにしましょう。

aileyのおすすめは【やかないサプリ】

料金:2,840円

Instagramやファッション誌で話題にもなっている日焼け止めサプリです。

紫外線から肌を守ってくれるセラミドや、メラニンの生成を抑えてくれる美白成分も配合されているので効果に期待できます。

もちろんビタミンCも入っているので日焼け予防におすすめです。
1日1粒でOKだから毎回飲む手間もないし、日焼け止めを忘れたときでも安心です。

【やかないサプリ】

そばかす

そばかすは、小さなシミが広範囲に出来ているシミです。雀の卵の模様に似ているから「雀卵斑」とも呼ばれているそうです。

年齢問わずそばかすは子供の頃から出来ている人もいて、人によっては大人になって消えることもあります。

原因は2パターン

そばかすにも原因は2つに分かれています。

  1. 遺伝や色素が薄い
  2. 紫外線によるメラニン増加、肌のターンオーバーの乱れ

正直遺伝的なものに関しては、自分ではどうしようもないです。
でも遺伝によるそばかすの場合は、人によっては年齢を重ねるごとに消えていくというケースもあるので嬉しいですね。

メラニンやターンオーバーの乱れが原因のそばかすは、逆にもっと濃くなって目立つ可能性があるので対策することをおすすめします。

aileyのおすすめはKOSE【米肌(MAIHADA)】

料金:1,389円(送料込み)

【セット内容:14日間トライアル】

  1. 肌潤石鹸
  2. 肌潤化粧水
  3. 肌潤改善エッセンス
  4. 肌潤クリーム
  5. 肌潤化粧水マスク(非売品)

使い方も冊子でわかりやすく量などが記載されているので、使いやすかったです。

化粧水は思ったよりもさっぱりしていますが、美容液を含めてぐんぐんと肌に浸透していくのを感じました。

即効性はありませんが、14日間使ってみて肌の色が明るくなったので使い続けることによってそばかすに効果があると思います。
スキンケアとして探している人におすすめです。

KOSEの公式サイトはコチラ
シミ・ソバカスを防ぐ!コーセー米肌

肝斑(かんぱん)

だいたい30〜40代になると出来る人が多いです。
人によっては、他のシミと一緒にできていることもあります。

肝斑は原因が他のシミと違って紫外線は関係ないので、改善策やケアを間違えると悪化する恐れがあるので注意が必要です。

原因はホルモンバランス

肝斑が出来てしまう原因は、ホルモンバランスの影響です。
考えられるのは、以下の4つです。

  1. 生理不調
  2. 妊娠
  3. ピルの服用
  4. ストレス

ホルモンバランスによって出来てしまうので、閉経になると徐々に薄くなると言われています。

対策としてはホルモンバランスを整えることが第一優先なので、規則正しい生活をするように意識しましょう。

ちなみに擦ったり刺激を与えることによって肝斑は悪化してしまうので、気になってもあまり触らないようにしてくださいね。

ailey編集部おすすめは【トランシーノII】

料金:1,800円(60錠)/120錠(3,400円)/240錠(6,300円)

肝斑の改善薬として、CMでも見かけたことがあると思います。

1週間では効果を実感することは難しいですが、2ヶ月続けると肝斑が薄くなってきたという声が多くデータにも出ていました。

1日2回なので、240錠入ったものをおすすめします。
トラネキサム酸が配合されているので、効果にはかなり期待できますよ。

楽天で商品を見る

炎症後色素沈着

名前の通り、皮膚の炎症(ニキビや火傷など)がシミとして残ったものが炎症後色素沈着と言います。

何度も炎症が繰り返されることによって、シミになりやすいです。
なので、同じ場所にできやすいニキビ肌の人は注意が必要です。

原因は肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは排出されるのでシミになることはありません。

でも何度も繰り返されていると、メラニンが皮膚深部に残ってしまうのでシミになります。

ニキビに関しては、無理やり潰したりすると炎症してしまって炎症後色素沈着になる可能性があるので跡が残らないようにしっかりと治すようにしましょう。

ailey編集部のおすすめはDeAU(デアウ)のデイリーピール!

料金:1,200円(10ml)/4,600円(50ml)

ピーリングアイテムは基本的に「週2ペースじゃないと肌を傷つける」と言われていますが、これは肌リズムに合わせて毎日使えるように低刺激で作られています。

全体になじませるだけで、肌のごわつきや繰り返される肌荒れに効果がありました。
洗い流すタイプじゃないので、スキンケアの一部として使えます。

ざらつきや毛穴汚れが気になる人におすすめです!

DeAUの公式サイトはコチラ

デイリーピール

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

実はこのADMが1番やっかいなシミです。

青あざの分類ですが、見た目は青あざというよりも茶色や灰色が混ざったような色です。
頬の両上に1〜3mmくらいのシミがまとまってあるのがADMです。

肝斑やそばかすと見間違えそうですが、他のシミとは違います。
ちなみに10代からでもできるので、年齢に関係なくあるシミです。

原因は遺伝

残念ながらADMは遺伝の可能性が高いので、確実に防ぐという方法がないです。

私は自分で日光黒子だと思っていましたが、ADMの存在を知って両頬にできているのが遺伝で出来たものだったということを知りました。

紫外線やホルモンバランスの乱れでも悪化してしまうので、普段からのケアもしておかないとどんどんシミが濃くなってしまいます。

ailey編集部のおすすめはアネッサのパーフェクトUV スキンケアミルク!

料金:3,000円

とにかく日焼け止めは必需品です。
紫外線からでもADMはシミが悪化してしまうので、少しでも対策したいなら必ず使うようにしましょう。

数時間ごとに塗るのが面倒という人は、先程紹介した日焼け止めサプリと併用して使うのもおすすめです。

楽天で商品を見る

絶対に治したいなら3つの治療がおすすめ

シミにはそれぞれ5つのタイプがありましたが、原因も種類によって違いました。

この憎きシミですが、正直に言ってしまうと治すならばケアするよりも治療することをおすすめします。

もちろんシミのタイプによっては、サプリやスキンケアで治る人もいます。
でもそれは薄くなる程度で、きちんと消したいという人は治療しないと難しいです。

「じゃあどんな治療をすればいいの?」
とまたここで疑問に思いますよね。

ここでは、その治療法についてそれぞれどのシミに対して選べばいいのかをまとめたので是非参考にしてみてくださいね。

◼治療する前に注意すべき3つのポイント◼

  1. 紫外線が弱い時期に予約する
  2. まずは無料カウンセリング
  3. ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)
    を確認する

治療をしたあとは、とにかく肌が敏感なので紫外線にあたることによって再発してしまったり悪化することがあります。
なので、比較的紫外線の少ない秋から春先にかけてを選んで治療することをおすすめします。

また、いきなり治療するとなっても自分のシミの状態が判断できないのでまずはカウンセリングを受けてみて医師から治療法を聞いてみましょう。

ダウンタイムの間は化粧は基本NGになるので、「どうしても化粧しないと嫌!」という人は長期休みの間を選ぶといいです。

1・レーザー治療

レーザー治療は耳にしたことがあると思いますが、芸能人の中でも利用している人が多くシミを治療する中で代表的な治療法です。

やり方としては、名前の通りレーザーを使ってシミの元になっているメラニン色素を壊してシミを取り除いていきます。
痛みとしては治療法の中でも1番痛みを感じるかもしれませんが、薄いシミの場合1度で薄くなる人もいます。

私も1度試したことがありますが、バチンバチンと音がするので最初はびっくりするかもしれません。
ゴムで弾かれるような痛みがありますが、人によってはシミの濃さでもっと痛いそうです。
慣れてないとちょっと怖いですね…

レーザー治療には、クリニックや目的によって内容が変わってきます。
抑えておくべき代表的なものを3つピックアップしたので参考にしてみてくださいね。

治療方法 効果
YAG(ヤグ)レーザー レーザーの熱でメラニンを壊してシミの元を排出する 日光黒子、そばかす、ADM
Qスイッチルビーレーザー 同上 そばかす
レーザートーニング 同上 肝斑、炎症後色素沈着

どれもレーザーなので、痛みはあると思います。
麻酔なしでも大丈夫ですが、痛みに弱い人は麻酔クリームを使ってもらうことをおすすめします。(私は怖かったので利用しました)

気になる料金相場は5,000円〜

レーザー治療でかかってくる料金ですが、クリニックによって計算方法が全く違うので相場を出すことが難しいです。

  1. 1回単位の料金
  2. 照射した回数の料金
  3. シミの大きさによる料金
  4. 回数の決まったコース料金

大きくわけてこの4つです。
だいたい1回につきどの料金で比較してみても、5,000円以上はかかるので相場として覚えておくと便利です。

2・光治療

光治療は、シミの元になる色素に反応する光を肌に照射していくので1度で改善することはできません。
徐々に薄くなっていくので、通って治していく治療法です。

レーザーと比較してみると、痛みがほとんどないので「痛いのは絶対に嫌!」という人にはこちらをおすすめします。
効果としては回数を重ねるごとに薄くなっていくので、即効性を求めているなら痛みを我慢してレーザー治療を選びましょう。

ちなみに光治療には、大きく分けて3つの種類があります。

治療方法 効果
フォトフェイシャル 周波の光を顔全体に照射してターンオーバーを整えて改善する そばかす、炎症後色素沈着
フォトRF(オーロラ) 同上 そばかす
フォトブライト(ライムライト) 同上 日光黒子、そばかす

光治療は、ターンオーバーを整えてくれるのでシミだけじゃなく顔全体の肌トラブルにも効果があります。

  • 痛みに弱い
  • シミ以外でも悩みがある
  • 美肌になりたい

こういったお悩みを持っている人におすすめの治療法です。

気になる料金相場は10,000円〜

光治療でかかってくる料金ですが、基本的には部分的ではなく顔全体に照射していきます。

なので、レーザーと違って料金が異なることもありません。
基本的には1回10,000円〜で相場として覚えておきましょう。

クリニックと併設しているエステサロンの場合は、初回料金として格安であるのでまずはお試しで1度試してみるのも良いと思います。

3・薬剤治療

薬剤治療は、シミを治すというより美肌を目指すのでどちらかというと予防するための治療法です。
なので、今あるシミを治したい人は先程紹介したレーザーか光をチェックしてくださいね。

”薬剤”と聞くと薬を飲んだりするのかと思いましたが、それは違いました。
ここでは代表的な薬剤治療についてお話します。

治療方法 効果
ケミカルピーリング 薬剤を顔に塗布して肌のターンオーバーを整える 炎症後色素沈着
イオン導入 微弱な電流を流して肌の奥まで成分を浸透させる シミ全般、肝斑

ケミカルピーリングとイオン導入を組み合わせることによって、更に効果に期待ができます。

メリットとしては、痛みが1番少ない治療法です。
ただし薬剤を使っているので、使う薬剤によっては少しピリピリとした感覚もあるそうです。(私も試しましたが痛くはなかったです)

気になる料金相場は5,000円〜

薬剤治療でかかってくる料金ですが、ケミカルピーリングは使う薬剤によって異なりますが最安値で4,000円、低刺激で効果の高いと言われているものだと10,000円以上しました。

イオン導入は5,000円ほどでできますが、ピーリングやレーザーなどとセットにすると割引されやすいです。

効果もイオン導入することによって高めてくれるので、セットで割引があれば一緒にやることをおすすめします。

ailey編集部のおすすめは東京ヒルズクリニック!

有名クリニックなどの料金と比較して調べていたら見つけました。
無料カウンセリングでどんな治療方法で、何度通えば改善するのか丁寧に教えてくれるので初めての人でも安心できます。

また、料金も他のクリニックと比べて初回料金として安かったので「治療してみたいけどお財布が…」と気になっている人は是非1度行ってみてくださいね。

東京ヒルズクリニックの公式サイトはコチラ

美容外科・美容皮膚科は東京ヒルズクリニック

シミを作らない為の3つの対策

シミ治療について紹介しましたが、種類によって効果や治療方法も変わってくるので自分に合った治療を選んでくださいね。
まずはカウンセリングで何が効果があるのか、医師に相談してみてください。

次に、治療して治っても再発することがあるのでその後は自分の対策が鍵になってきます。
せっかくキレイになったのに、また治療することになったらお金も時間も勿体無いですよね。

ここでは簡単にできる3つの対策をまとめましたので、是非今後の知識としてチェックしておいてくださいね。

1・紫外線対策は絶対にする

シミの原因のひとつと言われているくらいなので、やっぱり紫外線対策はやっておかないと再発してしまう可能性が高いです。

肌にダメージも与えてしまうので、日焼け止めは必ず塗っておくようにしましょう。
サプリも効果はあるので、忘れないようにケアしてくださいね。

2・睡眠をしっかりとる

「なぜ睡眠?」って思いましたが、思い出してください。

シミは肌のターンオーバーの乱れも原因のひとつです。
睡眠不足だとホルモンバランスが崩れてしまって、肌もボロボロになってきますよね。

なのでしっかりと睡眠をとっておかないと、シミができやすくなってしまうんです。
食生活も同じことが言えますが、それよりも睡眠時間を確保するように心がけてくださいね。

3・保湿して肌を整える

そして最後に、スキンケアです!

20代を過ぎると、肌のコラーゲンなどが低下していくので乾燥しやすくなります。
乾燥もターンオーバーが乱れてシミを悪化させてしまうので、こまめに保湿することが大切です。

「どんなスキンケアがいいかわからない!」という時は、美白効果のあるスキンケアを選ぶようにしましょう。

今すぐメイクでシミを消す方法

「今すぐにシミを何とかしたい!」という急ぎのとき…
もう隠すことしか方法がないので、メイクしかお助けアイテムはありません。

でも、メイクでシミを隠すと言ってもコンシーラーやファンデーションで重ねると逆に目立ってしまうことがあります。

メイクで隠すときのポイントは以下の4つです。

  1. 化粧下地を使う
  2. 液状ファンデーションを選ぶ
  3. コンシーラーを使う
  4. フェイスパウダーで仕上げる

化粧するのも、この順番で行うとキレイに誤魔化すことができます。

 

シミに直接塗り込んでしまうと目立つので、肌とシミの境目らへんをポンポンとぼかしていくように隠してくださいね。

まとめ

今回は、目の下にできたシミについてまとめてみました。

シミにはそれぞれ

  1. 日光黒子
  2. そばかす
  3. 肝斑
  4. 炎症後色素沈着
  5. ADM

と種類があって、原因や対策もそれぞれ違うことがわかりました。

それぞれのシミによって対策も治療法も変わってくるので、自分が何のシミなのかを把握するようにしましょう。

今回紹介したシミだけじゃなく、もしかしたら人によってはクマの可能性もあります。
とにかくまずはクリニックで、医師に無料カウンセリングしてもらうことをおすすめします。

この記事があなたにとって少しでもお役に立てると嬉しいです。

  関連記事