ailey [エイリー]

マツエクのセーブルはミンクと何が違う!?それぞれの毛質を比べてみた

8029e0acc6f798e11e5518d1b69fd929_s

まつげエクステを付ける時に、長さ・太さ・カール・本数などを選んでデザインを決めていきますが、毛質でも色々な種類の中から選びますよね。

それぞれに特徴があり、求める仕上がりによって、毛質は合う合わないが出てくるんです。でも実際に全て付けてから決めるなんてことは出来ないので悩んでしまいませんか?
最近では「プラチナシルク」や「ベルベットミンク」など色々な名前の毛質もあって、何がどう違うのかわかりません。

毛質は大きく分けて、3つあります。

シルク・ミンク・セーブル

他のものに関してはそこまで差はなく、サロンでもこの3つを多く取り扱っています。

セーブルは毛質の中でも、1番高級と言われていて、サロンによっては「セーブル専門」というマツエクサロンもあるので、セーブルが1番良いのかもしれないと思うかもしれません。

ミンクやセーブルと聞いて「もしかして…動物の毛を使ってるのかな!?」って思う人もいるのではないでしょうか?私も初めて聞いた時は、素材が違うものだと思っていました。

 

実は、素材に関しては全て同じ「ナイロン素材」で出来ています。

どこに違いがあるのかと言うと、付け心地なんです。1番上質で柔らかいセーブル調の質感なので「セーブル」と呼ばれています。

今回は、そんな毛質の中の「セーブル」について、他とどう違うのかを比較してみたので、今まで毛質についての違いを知らなかったという人は是非参考にしてみてくださいね。

 

セーブルの特徴

anti_L02_big

セーブルの毛質ですが、自まつ毛に1番近い毛質なので、仕上がりがとっても自然です。

ミンクでもナチュラルに仕上がりますが、「普段からマツエクしてるけど、もう少し付け心地を軽くしたい」という柔らかい素材を付けたいという人にオススメです。

写真は120本付いているのですが、本数を付けても毛質が細いので、つけまつげを付けているようなボリューム感ではなく、マスカラを塗って目元を強調させたくらいの存在感ですよね。セーブルは、本数を増やしても、バレバレになるような仕上がりになりません。どちらかというと、ナチュラルで綺麗に目元を見せたいという人に人気の毛質です。

それでは、ここからはセーブルの特徴についてご紹介します。

毛質の中で1番柔らかく軽い

これは、実際に触ってみて実感するのですが、マツエク装着時に触ってしまうと取れやすくなるので、サンプルがあればサロンで触らせてもらいましょう。

シルクのように固さは一切なく、フワッフワとしているので軽くて羽のようなイメージです。

付けてみても、とても軽いので、今までシルクやミンクを使っていた人からすると、実際に付いているのかわからないレベルです。
私もセーブルを付けた時に、140本で付けてもらったのですが、あまりにも軽すぎて鏡を見るまで本当に施術が終わったのかと思うレベルでした…。

付け心地にこだわりを持っていたり、「マツエクを付けていると、慣れていないので違和感を感じる」という人は、目元にも優しいセーブルを付ければ、きっと満足できると思います。

自まつ毛に最も近いので自然

ナチュラルデザインとは別に、本当に自まつ毛が増えただけのナチュラルな仕上がりを求めるなら、セーブルがオススメです。

太さを自まつ毛に合わせれば、毛質はどれを選んでも基本的には自然に仕上げることはできるのですが、本数を60〜80本程度のナチュラルデザインの場合にセーブルの効果を発揮します。毛質が自まつげに近いので、マツエクをしているようには見えず、すっぴんの時でも違和感がないんです。

サロンでは、セーブルにする場合、プラスの料金が発生しますが、周りからマツエクを付けているのを知られたくなかったり、「私の年齢でもマツエクを付けても大丈夫かしら!?」と思う人は、セーブルなら自然に目を大きく見せることができて、気付かれにくいので、悩んでいる人は是非チャレンジしてみてくださいね。

癖が付きにくいからカールも長持ち

セーブルの毛質は、とても柔らかいので、万が一触ってしまったり、寝ている時にうつ伏せになってしまっても、癖が付きにくいので安心です。

私は、仰向けに寝ないとマツエクが取れやすくなったり、カールが曲がってしまうというのはわかっているのですが、寝相が悪いので、朝起きると横向きでエクステが潰れてしまっていたなんてことがありました。
そういった悩みもあり、セーブルを試したことがあったのですが、絶対に癖が付かないというわけではないですが、いつもよりもカールの状態が保っていました。自まつ毛にも馴染みやすいので、そのおかげもあるかもしれません。

カールの持ちが良いということは、マツエクの持続期間にも影響してきます。カールが落ちてくると、その重みでエクステが取れやすくなるからです。個人的な感想になりますが。セーブルを付けていた時は、3週間以上は長持ちしていました。

寝相が悪く、マツエクが曲がってしまったり、カールが取れやすくて悩んでいるという人は、セーブルでチャレンジしてみてくださいね。

 

毛質の比較は?

さて、毛質の中でセーブルが1番柔らかくて、軽く、癖が付きにくいのでカールも長持ちしやすいということがわかりました。

自まつ毛のような自然な仕上がりにしたいという、マツエクにこだわりのある人はセーブルを好まれる人が多いです。でも、付けたことがない人にとっては、他の毛質と、どこがどう違うのかって気になりますよね?

ここでは、シルク、ミンクと比べてみて、どんな仕上がりになって、どんな違いがあるのかについて紹介します。

シルクと違って付けている感じがしない

シルク、ミンクの2種類と比較して、セーブルは1番自然の自まつげに近く高級なエクステです。

全く固くなく、とても柔らかい素材なので、シルクでよく感じられるゴワつきや、つけてる感が少ないのが個人的には、最大のメリットです。

その柔らかさが自まつげに馴染みやすいので、エクステの持ちも良いんです。

今までマツエクで、ミンクやシルクを使用してみて、違和感やゴワつきを感じた人は、セーブルの毛質で試してみると違いがわかると思います。

ミンクよりも更に柔らかい

 

シルクは固く、それよりも柔らかいのがミンクですが、セーブルは更に柔らかくて、特有のしなやかさがあります。

実際に付けてみた感想ですが、エクステの中でも自然なまつげに近いので、本当に柔らかくて付けた感じもすごく軽いです。根元から毛先にかけて、1本1本の形がとても綺麗なので自然に仕上がります。

  • Jカールは、自まつげに緩やかなカーブがかかったような仕上がり
  • Cカールは、パッチリだけど、自まつ毛のような仕上がり
  • Dカールは、ドールのような上品なボリュームある仕上がり

それぞれカールによっても仕上がりが変わりましたが、統一して、どれも自まつ毛に近く、ナチュラルに仕上がります。

 

本数での仕上がりは?

毛質によって、付け心地や持続期間も変わってくるということがわかりましたが、デザインや仕上がりはどう変わるんでしょうか?

カールによっても仕上がりが変わるということがわかりましたが、本数によっても変わるのでしょうか?

付け心地にこだわっているならセーブルが1番好ましいですが、自まつ毛のようなナチュラル感よりも、つけまのようなボリュームが欲しい人は、合わない毛質かもしれません。

ここでは、セーブルについて、どの本数が、どんな仕上がりになるのかまとめてみました。

80本ですっぴんでも違和感のない印象

自まつ毛に近いので、片方40本づつ付けると、すっぴんになった時でも違和感がありません。周りにマツエクをしていることを知られたくなかったり、付けてる感がバレバレなのを避けたいという人におすすめの本数です。

自然に見せたい理由は「目だけ化粧してるみたいで変だ」と思われたくないからではないでしょうか?
年齢によっても、マツエクしていたらおかしいと言われてしまうんじゃないかと心配をしている人もいます。

自まつ毛よりも2〜3mmくらいの長さで、太さも合わせて、カールを緩やかなJカールにしておけば、全く違和感がありません。カールが欲しいならCカールを付けても、まつげパーマのような仕上がりなのですっぴんでもマツエクではなく、自まつ毛が多いという印象になりますよ。

120本はどの角度から見ても綺麗な目元

本数が増えても、羽のような軽さなのですが、見た目はフサフサしていて、つけまつげのような違和感がありません。

セーブルは毛先に向かって、細かく加工されているので、本数を付けても、太さを出さなければ、ボリュームはあまりでません。自まつ毛と見間違えるくらいに自然なので、自まつ毛が増えたという感覚になります。

もし、マスカラを塗ったようなボリュームを出したいのであれば、0.15mmほどの太さで付けたほうがいいです。それ以下の太さは自まつ毛に近いので、いつもたっぷりとマスカラを塗っている人にとっては、少し物足りないかもしれません。

本数をたくさん付けても、本当に自まつ毛のように違和感がないので、下から見ても、上から見ても、綺麗な目元でいられるので、常に誰からも見られる職業に就いている人にもこちらの毛質がおすすめです。

 

まとめ こんな人におすすめ

いかがでしたか?

セーブルを付けるなら

  • ミンクでもゴワつきを感じた
  • 付けていないような軽さがいい
  • ケアに自信がないので長持ちさせたい
  • 周りにバレたくない

という人にオススメの毛質です。
プラス料金がかかるサロンが多いのですが、1度付けると、その軽さに驚くと思います。

自まつ毛が少ないという人はまつげ美容液で、まつ育しながらセーブルで自然に仕上げるのがいいですよ。

ガッツリと濃い目のメイクをする人には、太さを出さなければ合わない毛質ですが、ナチュラルで違和感なく仕上げたいという人は、是非セーブルで試してみてくださいね。

セーブルで近くのマツエクサロンを探すなら…

マツエクをするならCMでも人気のホットペッパービューティーで予約しましょう!24時間いつでも、どこでもネット環境があれば予約できるので仕事帰りでも出来ちゃいます♪

実際に行った人たちの口コミも見れたり、お店の雰囲気や通常メニューよりも安くできるクーポンなどがありますよ♪登録も無料で出来て、更にはポイントも貯めることができちゃいます!溜まったポイントでまたマツエクを安くできるのでおすすめです。

デザインの写真もあるので初めてマツエクをすることに不安な方は、どんな仕上がりになるのかまで見ることが出来ますよ♪自分に合ったお気に入りのサロンを見つけてくださいね。

 

マツエクの持ちを良くする方法

マツエクをしていると、毎日のクレンジングでのメイク落としや洗顔に対して「エクステが取れそうで怖い」と不安になりませんか?

やっぱりマツエクを付けたなら長持ちさせたいので、まつげ美容液を付けてコーティングしたりしますがイチバン気をつけるのが【クレンジング洗顔】です。

  1. 強く擦ってはいけない
  2. 油分の入っているものはNG

特にこの2つには、サロンからも注意事項として伝えられていますよね。擦ってしまうと、エクステが曲がったりするので取れやすくなります。油分が入っているものに関しては、グルー(接着剤)との相性が悪いので使い続けるとこれもまたエクステが取れてしまうので絶対に使ってはいけません。

今回は、そんな擦らなくても綺麗にメイクが落とせてオイルフリーのクレンジングをランキングにしてみました!実際に使ってみて洗浄力や洗い上がりが良かったものをまとめたので、是非参考にしてくださいね♪

1位.リダーマラボ

redermalab
  • 【料金】1,424円(1ヶ月)
  • 【形状】こんにゃくスクラブジェル
  • 【口コミ】◎
  • 【返金】有(14日間)

リダーマラボのスクラブは、こんにゃく成分なので汚れにしっかりと吸着してくれます。そのまま毛穴の汚れや角質まで落としてくれるのでW洗顔する必要もありません。

肌に優しいので、朝の洗顔にも使うことができます!美容皮膚科医も認めたクレンジングなので、ニキビや肌荒れで悩んでいる人にオススメです。

しかもドクター監修で作られている無添加なので、効果としても期待ができますよね。

リダーマラボの公式サイトはコチラ

【リ・ダーマラボ】 モイストゲルクレンジング

体験レビューを見る

2位.スキンビル

skinvill-cleansing
  • 【料金】943円(1ヶ月)
  • 【形状】ホットクレンジングジェル
  • 【口コミ】◯
  • 【返金】なし

最近話題のホットクレンジングジェルです。温熱効果でマッサージしながら汚れを落としていきます。肌を温めることによって毛穴が開くので、汚れも落ちやすいですよね。

とにかくコスパが良いので、「ちょっと他のも使ってみたいな」という人は是非試してみてくださいね。

スキンビルの公式サイトはコチラ

美容液ホットクレンジング【skinvill】

体験レビューを見る

3位.ボタニカルリキッドクレンジング

botanical-liquid-cleansing
  • 【料金】1,650円(1ヶ月)
  • 【形状】リキッドクレンジング
  • 【口コミ】◯
  • 【返金】なし

ボタニカルという名前の通り、98%以上植物由来で作られている無添加のリキッドクレンジングです。

赤ちゃんの日焼け止め落としとしても使えるくらい、肌に優しく皮膚の炎症や痒みを抑える作用がある美容エキスが入っているので敏感肌の人でも安心です。

アルファピニ28の公式サイトはコチラ

ボタニカル リキッドクレンジング

体験レビューを見る

クレジングについて、もっと詳しく知りたい方は「マツエクしてるとクレンジング悩まない?オススメ人気ランキングTOP5」も参考にしてみてください。

 - デザイン