まつげパーマは洗顔でカールがとれる!?正しいクレンジング方法まとめ

まつげパーマをすると、まつげがクルンと綺麗にカールされますよね。
私も初めて体験したときは「おぉ〜!パッチリしてる〜!」と感動しました。

でも、そのあと持ちを良くする為の洗顔やケアは正しくできていますか?
サロンで色々と注意事項やアドバイスを言われるものの、まつげパーマにばかり気を取られて家に帰ったら「あれ、何に気をつけるんだっけ?」と忘れてしまいます。(私がそうでした)

価格も手頃なので「カールが取れたらまたやればいいや」くらいの間隔でいる人もいるかもしれませんが、何度も繰り返しまつげパーマをしていると髪の毛同様傷んで抜けやすくなってしまいますよ。

 

洗顔方法なんて誰もが知っていることですが、まつげ部分となると洗い方によってカールの持ちがかなり変わってきます。
せっかくなら、クルンとしたカール感を長く保たせたいですよね。

でもまつげ部分を意識した洗顔なんてやったことのない私は、最初は「どうやったらいいの!?」と焦って何もできていませんでした。

そしていつも通りに洗顔してしまい、最悪なことにまつげパーマは1週間も持たず…
いくら安くできるからと言っても、これでは割高ですよね。

 

というわけで、私のように洗顔が原因でまつげパーマのカールが長持ちしない人の為に、正しいクレンジングや洗顔方法についてまとめてみました。

ちょっとやり方を工夫するだけで、1週間持たなかったカールが2習慣も長持ちしたので「すぐにカールがとれて困っている」という人は必見です!
是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

カールがとれる3つの原因

それでは、まず正しい洗顔方法についてお話する前にカールがとれてしまう原因について知っておきましょう!

この原因を知っておくことによって、洗顔だけじゃなく普段からの意識も変わってくるので知っておいて損はありません。

考えられる3つの原因をそれぞれに分けてまとめてみましたので、是非チェックしてくださいね。

ゴシゴシと擦りながら洗う

この洗い方は、普段も肌を傷つけやすいので絶対にやめましょう。
メリットとしても、何も良いことはありません。

まず擦ってしまうことによって摩擦が起きるので、そこでまつげにダメージを与えてしまいます。
肌も同じように言えますが、汚れを落とすのについゴシゴシと力を入れてしまうと傷ついてしまうのでカールもとれやすくなってしまいます。

マスカラやアイライン部分は、どうしてもメイクを落としにくいので優しく落としているつもりでも指で挟んで擦っていませんか?

丁寧に落としているつもりでも、擦ってしまうことによってまつげ通しがぶつかってしまいカールがとれてしまうので撫でるようにして洗いましょう。

メイク落としせずに寝てしまう

これは、カールがとれてしまう原因であるまつげに対してのダメージが大きいです。

メイクを落とさずに放置してしまうと、皮脂や汚れをエサに雑菌が繁殖してしまいますし、ちょっと気持ち悪いですが顔ダニが大量に発生します!

そうなると、まつげ部分にも顔ダニがエサを食べにきて栄養分までとられてしまうんです。
まつげだって栄養元があってこそ育っているわけなので、そのままにしておくとカールがおちてしまうだけじゃなくまつげそのものが抜けてしまうかもしれません。

疲れていて帰って気付いたら寝ていたなんていう人って結構いますけど、実はとても危険な行為だったんです。

クレンジングして、しっかり落としたつもりでも目元って意外と残っていたりします。
特に目のキワ部分は指で触ってみるとラメが付いていたなんてことありませんか?

結果的にまつげにダメージを与えてしまうので、しっかりと汚れが落ちていないかチェックするようにしましょう。

まつげが傷んでいる

まつげパーマは、髪の毛と一緒のパーマ液を使っています。

そのためやりすぎてしまうと、まつげそのものが傷んでしまってカールがすぐにとれてしまうんです。
更には自まつげがチリチリになってしまって、途中で切れてしまったり抜けやすくなります。

実はこれ、私の実際に経験したことなのですがまつげパーマは自まつげそのものにパーマ液を塗っていくのでやりすぎは危険です。

半年以上まつげが生えてきませんでしたし、しっかりケアしておかないと持ちだけじゃなくまつげそのものがなくなってしまうので注意しましょう。

私がその後どうやってまつげを増やして、カールを長持ちすることができたのかはこの後お話していきますね。

長持ちさせる3つのポイント

せっかくまつげパーマをしても、洗い方やケア方法を間違えたらカールがとれてしまいます。

しかもメイクを落とし忘れると、カールがとれやすくなるだけでなくまつげが抜けてしまう原因になるので正しく洗顔をして長持ちさせたいですよね。

ここでは、まつげパーマをしているときにおすすめしたい洗顔方法をご紹介します。

  • 「1週間ももたずにカールがとれる」
  • 「最近まつげが抜けやすい」
  • 「まつげ方向はバラバラになる」

こういった悩みをもっている人も、一緒に参考にしてみてくださいね。

綿棒を使って目元を落とす

まず、洗い方の中のポイントとして手ではなく綿棒を使います。

正直最初は「綿棒でわざわざやるなんて面倒くさい」って思いました。
でもアイメイクを落とすとき、先程でも話しにありましたが自分では力を入れているつもりがなくても擦っている可能性が高いです。

かといって、泡で洗ってもメイクが全部落ちるわけではないですよね。
そこでおすすめしたいのが”綿棒”なんです。

繊維でできているので、キレイに汚れを絡め取ってくれます。
綿棒の先端にクレンジング剤を付けて、マスカラを塗るようになぞってから洗い流すだけで大丈夫なんです。

とてもカンタンにできますがしっかりと落ちますし、細いから目のキワまでしっかりととれますよ♪

拭く時はティッシュで抑える

洗顔したあとにタオルで顔を拭いてしまうと、優しく拭いたつもりでもまつげに引っかかってしまい方向がバラバラになることがあります。(実際にわたしがそうでした)

そのバラつきが気になって、サロンでスタッフさんに相談したときに教えてもらった方法です。
ただティッシュで軽くポンポンと撫でて拭くだけなんですが、どこを拭いているのかティッシュだと間隔がわかるので確かに引っかかることはなくできました。

手間はありますが、キレイなカールを長持ちさせたいなら、やって損はないのでおすすめです!

まつげ美容液で栄養を与える

まつげパーマをやりすぎて、自まつげがなくなってしまった私でしたがまつげ美容液のおかげで元に戻すこともできたしカールを長持ちさせることが可能になりました♪

まつげに対しても、潤いや栄養を与えているって人はなかなかいませんが、洗顔後は肌と同じようにまつげも乾燥しているので保護してあげたほうがいいんです。

特にそのまま外へ出る時は紫外線があたってダメージを受けやすいですよ。
まつげにも紫外線で傷つくことにビックリしましたが、これは髪の毛と同じで中の潤いを奪われてしまってキューティクルが傷んでしまいます。

美容液には保護成分が入っているので、ダメージから守ってくれる役割があります。

  • ハリ・コシを与えてくれる
  • 抜けにくくなる
  • 育毛成分が入っている(商品によって)

こういったメリットがあるので、育毛だけの育毛剤よりもケアも一緒にできるほうがまつげにとってもおすすめです。

でも、実際に使ってみようとしてもどのまつげ美容液を使えばいいのかって悩みますよね。
「色々ありすぎてどの美容液を使えばいいかわからない!」
という人は、是非おすすめしたいまつげ美容液をランキングにしているので是非そちらも一緒にチェックしてみてください。

ランキングはコチラ→本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5

おすすめのクレンジング3選

最後に、洗顔する時に私が使って「これ洗いやすい!」と思ったおすすめのクレンジングをタイプ別に紹介したいと思います。

クレンジングにも「私はオイルじゃないとメイク汚れが落ちた気がしないから嫌だ」とこだわっている人もいますよね。

ここでは

  • ジェルタイプ
  • オイルタイプ
  • リキッドタイプ

3つのタイプに分けてそれぞれのメリットと一緒にまとめてみました!
是非こちらで自分に合ったクレンジングを見つけてくださいね。

ジェルタイプ→【リダーマラボ】

料金(1本あたり) 2,848円(単品)
使いやすさ こんにゃくスクラブのジェルタイプ
口コミでの評価 「ニキビ肌が治った」「角質汚れが落ちる」「洗い上がりがさっぱりする」
返金サポート 14日間で満足できなければ全額返金

単品購入:2,858円(送料込)
初回購入:更にもう1本もらえる。

リダーマラボは、美容皮膚科医も認めた毛穴専門クレンジングです。

99,3%が美容液成分で作られているので肌に優しく、洗った後もモチモチした仕上がりになります。
無添加なので、敏感肌の私も使うことができました。

洗い上がりのしっとり感に感動しました♪
毛穴汚れも使い続けることによってかなり綺麗になっていくので、まつげだけじゃなく肌改善としてもおすすめです!

リダーマラボの公式サイトはコチラ

【リ・ダーマラボ】 モイストゲルクレンジング

体験レビューを見る

オイルタイプ→【マイルドクレンジングオイル】

料金(1本あたり) 1,000円(単品)
使いやすさ オイルクレンジングだから汚れが落ちやすい
口コミでの評価 「あらゆる毛穴汚れもキレイになる」「角栓もスッキリ」「濡れた手でも使える」
返金サポート あり

単品購入:1,050円(送料込)
初回購入:通販限定で500円(送料込)

FANCL(ファンケル)は、CMでもお馴染みなので知っている人も多いと思います。

「オイルクレンジングはカールがとれやすいのでNG」とよく言われますが、このマイルドクレンジングオイルならカールも長持ちするのでオイル派の人にはダントツでおすすめです。

ちなみにマツエクにも対応しているので、私はマツエクしていて頑固なメイク汚れを落としたい時に使っています!

ファンケルの公式サイトはコチラ

マイルドクレンジング オイル

体験レビューを見る

リキッドタイプ→【ボタニカルリキッドクレンジング】

料金(1本あたり) 3,300円(単品)
使いやすさ 植物由来でできたリキッドクレンジング
口コミでの評価 「メイク汚れが一瞬で落ちる」「角質も落ちて小鼻が綺麗になった」「敏感肌でも使える」
返金サポート なし

単品購入:3,300円(送料込)
定期購入:2,640円(送料込)

ボタニカルリキッドクレンジングは98%が植物由来で作られていて、赤ちゃんの日焼け止め落としとしても使えるくらい肌に優しいです。

ウォータープルーフでも綺麗に落ちるので、口コミでも洗浄力の評価が高いです。
成分にこだわる人なら、ボタニカルリキッドクレンジングは満足できると思います。

アルファピニ28の公式サイトはコチラ

ボタニカル リキッドクレンジング

体験レビューを見る

まとめ

今回は、まつげパーマをしたあとにカールを長持ちさせる為の正しい洗顔方法を紹介しました。

普段からしている洗顔はまつげを傷つけているやり方ではなかったでしょうか?
汚れを洗い忘れてしまうと、まつげが抜けやすくなるので注意してくださいね。

まつげ美容液を使って、しっかりケアしてあげないと抜けやすくなってしまうので乾燥や紫外線から守りましょう。

綿棒やティッシュを使った洗顔方法は、カールを長持ちさせる為の方法なので是非試してみてくださいね♪

  関連記事