まつげを長くしたい人必見!効果があったおすすめランキングTOP5

長くてお人形のようなまつ毛の人を見る度に、『私もまつげ長くなりたいな〜』と憧れていました。

  • 「まつげが短い」
  • 「もっと伸ばしたい」
  • 「目を大きく見せたい」

やっぱりまつ毛が長い方が目が大きく見えてかわいくなるし、女性としての魅力もアップするので周りから羨ましがられるような目元になりたいです。

 

最近は”まつ育”という言葉が浸透して、まつげケアをする人が増えてきています。
もちろんまつげを長くしたい私も、まつ育に効果があると言われるものは片っ端から試してきました。

やるからには、その中でも何が1番効果があるのかって気になりますよね。
せっかく試してみても効果がなければ、時間もお金も無駄になってしまいます。

ネットの情報を鵜呑みにして、失敗している人もよく見かけますがそんな思いはしたくないですよね。

 

そこで今回ailey編集部は、まつげを長くしたいと悩んでいる人の為に、効果のあった方法をランキング形式にしてまとめてみました。

何も知識がない状態でまつ育をしては、意味がないし結果的に失敗に終わってしまいます。

この記事を読むことによって「もっと早く知っておけば良かった…」と後悔することも防げると思うので、まずは参考にしてもらえると嬉しいです。

まつげに悪影響する3つの注意点

ネットなどでも話題になっているものを口コミで見ていると「伸びた!」、「みんなもやってみて!」なんて書いてあるのでついついやってみたくなりますよね。

でもそれが間違った情報なら、まつげが伸びることはないし、やるだけ無駄になってしまいます。

ここでは、効果のあるまつ育について紹介する前に、知っておいて欲しいまつげに悪影響のある注意点についてお話したいと思います。

「伸びるとおもってやっていた…」と後で知って後悔しない為にも、是非こちらを最初にチェックしておいてくださいね。

学生の頃に「まつげの毛先を切ると伸びるのがはやくなる」なんていうのを聞いて一時期私も切っていました。

髪の毛もたくさん切っていると伸びるペースが早くなることがあるので、ちょっと信じやすい話でしたがやってみた結果ただ短くなっただけです。

まつげが伸びて長くなるのかと思っていたら、切った状態のままで短く…
しかももう切ってしまったら、元には戻せないので伸びてくるのを待つしかありません。

元に戻すとしても生えかわって揃うのを待つので2〜4ヶ月程かかります。

それまではまつげが短い状態ですし、決して長くなるわけではなかったので絶対にやらないほうがいいです。
(メガネをしている人でレンズに付くのがうざったいという人にはいいかもしれません)

参考:まつげを切ると本当に伸びる!?実際に試してみた結果と伸ばす方法

 ニベアを塗る

アイメイク

まつげを長くしたいなら、アイメイクは控えることをおすすめします。
何故なら、毎日続けていることによって自まつ毛に負担がかかっているからです。

特にマスカラとビューラーの組み合わせは、まつげを引っ張っている状態なのでダメージを与えてしまっています。

更に「まつげをもっとふさふさにしたい!」という願いから、つけまつげを付ける人もいますがこれもまた負担をかけてしまってまつげが抜けやすくなります。

とりあえず短くなってしまったまつげを何とかしたくて、すぐに長くするにはつけまがラクでいいと思って試してみましたが結果は自まつ毛が傷んで更に抜けてしまいました。

付ける位置を直したり、外す時の取り方に失敗すると一緒に自まつ毛まで抜けてしまいます。

1位・まつ毛美容液

色々試した中で一番「伸びた!」と実感出来たのが、まつ毛専用の美容液です。
最近よく使っている人も増えてきましたよね。

女性は特にビューラーで引っ張ったりマスカラで毛穴を埋めてしまったりして、まつ毛にもよりダメージを与えてしまっています。

それをちゃんとまつ毛美容液で栄養を与えてあげてケアすることが悩み改善の一番の近道になるんですね。

まつ毛美容液はドラッグストアやドンキなど市販でも手軽に手に入れることができます。

それらの安い美容液は実際私も使いましたが、効果がなかったり使いにくかったり、目が痒くなってしまうものまでありました。

いくら安くても伸びないと全く意味がありませんので、口コミ評価の高い良い美容液を選んで使ってみて下さい。

ailey編集部でおすすめはリバイブラッシュ!

料金:5,800円(定期なら4,720円)
まつげ美容液のランキングなどでも1位を獲得していて、私も使って効果を実感しています。

2週間程で短かったまつげが伸びてきて、上下に使っていましたが下まつげに関しては伸びすぎたので途中で止めたくらいです。

「本当に効果があるのか不安」という人でも、返品保証があるので安心して使うことができます。
是非公式サイトからチェックしてみてくださいね。

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ

まつげ美容液「リバイブラッシュ」

体験レビューを見る

まつげ美容液ランキングはコチラ
本当に効果があるまつげ美容液を見分ける方法&おすすめランキングTOP5

2位・まつ育サプリ

まつ毛に直接栄養を与えられるまつ毛美容液とは別に、体の中からまつ毛に栄養を与える「サプリ」もこれまた流行っていたので私も試しました。

その中でもまつ毛に良いと注目されているのが「ビオチン」と「ポリアミン」の2つです。

  • ビオチン…ビタミンの一種。
    コラーゲンの産生を促すことで美容に良いと有名です。
  • ポリアミン…身体の環境を保つために必要なもので、育毛剤でよく使われている「ミノキシジル」と同じくらいの育毛能力があると言われています。

魚介類・ナッツ・卵・レバー・のり、大豆・チーズ・白子・オレンジなどにこれらの成分が含まれていますが、毎日摂取するのは難しいのでサプリメントを利用することをおすすめします。

ailey編集部でおすすめはバンビウィンク!

料金:2,700円(今なら1,890円)
バンビウィンクにはもちろんビオチンとポリアミンが入っています。

その他のビタミンや、亜鉛、アミノ酸も入っていてさらに効果を上げてくれると言うことで、別で飲むよりも効果がありそうですよね。

毎日2粒飲むだけで簡単ですし、飲みはじめてからは特に下まつ毛に変化が…!
他の人の口コミも良いようです。

どのサプリが良いか悩んでいるあなたは、是非バンビウィンクを試してみてください!

バンビウィンクの公式サイトはコチラ
バンビウィンク

体験レビューを見る

3位・マツエク

「自まつげを長くする」というテーマからは少しズレてしまいますが、「自まつげが長くなったように見える」という意味では私もしている方法なので、紹介させて下さい。

マツエクは自まつげ一本一本にエクステを付けていく方法です。

エクステにはそれぞれ太さや長さ、カールなどを選ぶことができるので、ナチュラルからゴージャスまで好きなデザインにすることが出来ます。

近くで人に見られても気付かれないくらいの仕上がりになるので、自然にまつ毛を長く見せられる方法と言えます。

ailey編集部でおすすめはマツエク!

料金:5,000〜6,000円

毎日アイメイクをするなら、マツエク(まつげエクステ)をして少しでもまつげの負担を軽くしてあげることをおすすめします。

マツエクをすることによって以下3つの効果があります。

  1. アイライン
  2. ビューラー
  3. マスカラ

しかも濡れても落ちないし、2〜4週間はずっと保つのでメイク崩れの心配もありません。

毎日のメイク時短にもなるので編集部の中でも、マツエク利用者が多いです。
本数によっては更に料金を抑えることもできるので、是非1度試してみてくださいね。

ホットペッパービューティー

4位・アイメイクをしない

「まつ毛を長くする方法」の前に、「まつ毛が伸びない理由」をここで考えてみましょう。

赤ちゃんとか子供の頃は、まつ毛ってバサバサですよね。
でも、時間と共にまつ毛は短く少なくなっていってしまいます。
原因は色々ありますが、やはり一番は毎日のメイクですよね。

冒頭でも紹介しましたが、ビューラーを使えば毛はひっぱられて抜けるし、マスカラはまつ毛に負担がかかるし、アイラインなど目元にメイクすることで毛穴が塞がったりするわけです。

なので、まつ毛を長くするのに良い環境を作る。
つまり、メイクをしない時間を作るというのが大事なんです。

  • 出来るだけメイクを避ける
  • メイクをしたまま寝ない
  • ナチュラルメイクで薄めにする

まつ毛が復活するまでは対策していきましょう。

◼ailey編集部おすすめはFANCLのマイルドクレンジングオイル!

料金:1,050円(初回500円)

アイメイクをしなくなっても、毎日メイク汚れは落とします。
そこで是非使って欲しいのがFANCLのクレンジングオイルです!

とにかく毛穴汚れが綺麗さっぱり落ちて、保湿力も高いので目元の乾燥も気にならないしマツエクしていても使えちゃうんです。

初回だとワンコインで手に入れることができるので、アイメイクをお休みしている間はクレンジングで汚れを落として土台をキレイにしておきましょう。

ファンケルの公式サイトはコチラ
マイルドクレンジング オイル

体験レビューを見る

5位・ルミガン

ルミガンは緑内障を治療するため作られた点眼薬なのですが、使っていた人のまつげが伸びたことから、緑内障とは関係なく自まつ毛を伸ばすために使っている人もいます。

ただし医薬品なので必ず医師の許可が必要です。
必ず眼科やクリニックで受診して処方してもらいましょう。

ただしデメリットがあって、薬には必ず副作用があります。
このルミガンの場合は「色素沈着」です。目にクマが出来てしまったかのような色が残ってしまうことがあります。

印象を上げるためにまつ毛を長くしたいのに、その結果印象が悪くなるような副作用があるのなら元も子もありません・・・。
が、確かに長くする方法の1つではありますので5位に紹介しました。

まとめ

自前のまつ毛を長くするために私がやったこと。そして口コミでも多かったのは「まつ毛美容液」と「まつ育サプリ」でした。

とにかくまつ毛を伸ばすには、伸びるための栄養をまつ毛美容液でピンポイントに、まつ育サプリで身体の中から与えていく方法が一番確実ですね。

また、一刻も早く長くしたい!と緊急時には個人的にはマツエクがとっても良かったです。

是非参考にして、ラクダ並のまつ毛を手に入れましょう!

  関連記事