目の下のクマを治す方法は原因によって違う!?悩みに合わせた解決策まとめ

ついつい遅くまで起きていて、次の日起きると目の下に黒いクマができていることありませんか?

朝から目の下のクマを消すのって大変ですよね。でも女性ならばメイクで誤魔化すことができるので、コンシーラーを使って何とか隠すことができますが、年齢と共にクマは誤魔化せなくなってきます…

 

そんな目の下のクマには、それぞれ種類があるのを知っていますか?

原因によって、できるクマが違うので対策や解決策も変わってきます。なのでそれを知らずにただメイクで誤魔化していても全く改善しないんです。

 

というわけで、今回はそんな目の下のクマを原因別にそれぞれの種類に分けてまとめてみました!原因と治す方法を知っておけば、自分がどんなクマで何をすれば良いのかがわかるので是非参考にしてみてくださいね♪

 

広告

クマのケアをする前に知っておくべきこと

まずクマには先ほどもお話したとおり、それぞれ種類があります。色味も違うし、原因だって違います。

でも「クマには種類が違うんだよ」なんて誰かから教えてもらったりしないので、どんなものなのか知っている人も少ないと思います。

実際に私も知りませんでしたし、大人になってからも目の下にできたクマは全て一括りにして考えていました。

そんな中で、クマ消しを使っても改善されなかった時に皮膚科で相談したところ、「それぞれの原因に合わせて作られた対策じゃないと意味がない」と言われてそこで初めて知りました。

ここでは、そんなクマについてお話します。今まで「クマはみんな一緒だ」と思っていた人は是非こちらをチェックしてくださいね!

クマには3種類タイプがある

クマには3種類があって、それぞれによってできる原因も違います。まずはカンタンに説明していきますね。

  1. 年齢とともに出てくる【黒クマ】
  2. 日常よくなりやすい【青クマ】
  3. 紫外線を浴びてできた【茶クマ】

この3つのタイプの種類に分かれています。何が原因で、目の下にクマができてしまったのかを理解していないと、どれだけ頑張って治そうとしても改善策が違う限りクマは消えません!

早速、種類別に分けてそれぞれのクマ対策をまとめましたので是非自分に合ったものから参考にしてみてください。

「今まで何をしてもクマが治らなかった」という人は、違った改善法をしていたかもしれませんよ!

 

黒クマを治す3つの対策

まず年齢とともに出てくるのが、この黒クマです。皮膚痩せやくぼみが原因でできるので、実年齢よりも上に見られがちになります。

私も30代になってから、気になるようになりました。「年には逆らえないや…」と諦めてしまうと更に悪化してしまうので、たるみを目立たせないようにケアすることが大切です。

ここでは3つの対策に分けてまとめましたので、自分に合った方法を見つけて是非試してみてくださいね♪

目の周りのマッサージをする

目元の筋肉を使わないと、どんどん皮膚がたるんでしまうのでストレッチやマッサージを行うことが大切です。

IMG_8753

やり方はカンタンで、目の周りを軽く摘んでいくだけです。試しにやってみると痛みも感じないし、むしろ気持ち良いです♪写真のまるが付いている部分を、自分が気持ちいいと思う加減でやってみてくださいね!

ヒアルロン酸注射でハリを戻す

加齢によるたるみやシワ、ほうれい線に対してピンポイントでヒアルロン酸を注入してあげることによって若い頃のハリを戻すことができるので効果を実感できます。

保湿力もアップするので、特に目の下のたるみを含めて気になる人に人気です。ただし1回だけでは治らないので通う必要があります。なので4〜50,000円前後の費用がかかってきます。これで完全に治るわけじゃないので、ずっと通って一時的に改善させていくしかありません。

ちょっと高いのでお金に余裕がある時には良いですが、毎月にかかる料金を考えると気軽にできないですよね…

エイジングケアのアイクリームを使う

ヒアルロン酸注射でも効果はありますが、目の下のクマに対して満足できるまでに費用が高額になってしまうことがわかりました。私も1度打ってもらったことがありますが、初回で激安にしているクリニックだと結局注入するグラム数が変わってきて高くなるし1回だけでは効果を感じません。

「そこまでお金はかけられないけど、何とかしたい…」という人には、毎日使えるアイクリームをオススメします!

私は以前「アイクリームなんて乳液付けておけば何とかなる」なんて思って使っていませんでしたが、アイクリームは目元に効く有効成分が入っていて、化粧水や乳液ではカバーできない保湿力があります。

特にこの黒クマに効果があったと思うのが【アイキララ】です。乾燥をカバーしてくれる保湿力があって、塗った次の日目元がふっくらしていて何度も触りたくなるくらいにプニプニっとしていました♪

FullSizeRender 5

アイキララは皮膚痩せ対策の為のアイクリームなので、気になる人は体験レポも一緒に読んでみてくださいね!

アイキララの公式サイトはコチラ

アイキララ

体験レビューを見る

 

青クマを改善させる3つの方法

青クマは、血行不良や疲労によって出来るクマなので「徹夜したらクマが…」と言っているのは青クマです。

これは一時的なものが多いので「気がついたら消えていた」なんてこともありますが、しっかりと対策をしておかないとそのまま黒クマへと変化していって治すのに時間もかかってくるので、今のうちに改善させておきましょう!

ホルモンバランスの乱れや、冷えからも青クマになる原因なので、根本的な改善法をすれば解決できちゃいます。

ここでは青クマの改善方法についてまとめましたので、日頃から青クマに悩まされている人は是非参考にしてくださいね。

タオルで血行を促進させる

お風呂に浸かっている時に、タオルを目元に乗せておくだけで蒸気で目元を温めることができます。

よくお風呂は血行を促進すると言いますが、まさにその通りで温めるだけで血行を促進させて血流を良くしてくれます。

青クマは血行不良が原因のひとつなので、こうして目元を温めるだけでほんのり明るくなるんです。なのでお風呂上がりって、みんな顔が赤くなりますよね。それは血流が良くなっている証拠です。

お風呂以外でもタオルを水に濡らして20秒電子レンジでチンすればホットアイマスクが作れますよ♪眼精疲労にも効くので疲れているときは是非試してくださいね!

睡眠時間をしっかりとる

睡眠不足のクマは、これがイチバン効果的ですね。しっかりと睡眠時間をとっていれば、疲労だってそこまで溜まりません。

パソコンやスマホが普及されるようになって、1日の中で必ず触れることがありますよね。私なんかは早く寝ようとしていても、寝る前についついスマホをいじってしまって気がついたら1時とかになってることも…

寝ることによって体力はもちろん心のストレスも緩和されるので、寝ることは実はとっても大事なんです。

目元ケア専用のクリームを使う

先ほどから「血行を良くする」というのがカギになっていますが、他にも乾燥や眼精疲労によって悪化させているのでその部分を解決しなければいけません。

でも仕事などでパソコンを使わないなんてことも難しいし、スマホを使わないようにするなんて耐えられません!

私がそこで青クマに対して使ったのが[キラリエ]というアイクリームです。これは友達から教えてもらったものなんですが、最近ランキングなどでも1位を獲得しているので知っている人もいるかもしれません。

  1. シワにも効果がある
  2. 目のクマに効く
  3. 乾燥を防ぐ

この3つの効果があるんですが、なんと効果に満足できなければ全額返金してくれるので、自分に対してのリスクがありません!だから気軽に試しやすいし、私も「それなら使ってみよう」という気持ちになりました♪

FullSizeRender1

キラリエの公式サイトはコチラ

キラリエアイクリーム

体験レビューを見る

 

茶クマになる前の対策と改善

最後に色素沈着でできてしまった[茶クマ]です。個人的にはコレが結構厄介だと思っています。何故なら紫外線で出来てしまったシミと同じで、更に擦ったり、メイク汚れが落ちていなかったりと日常ではよくあることが原因だからです。

なので治ってもまた茶クマが出来てしまう恐れがあるので、日頃から対策をしておかなければいけません!

クマの中で唯一メイクで隠すことができますが、すっぴんになった時もキレイでいたいと思いませんか?目元が明るくなるだけで見た目年齢もグンと若くなりますよ♪

ここではそんな茶クマ対策と治す方法についてまとめましたので、是非参考にしてくださいね!

目元の汚れもしっかり落とす

汚れがクマの原因というのも驚きましたが、マスカラが落ちていなかったりアイシャドウの残っているとそのまま色素沈着してしまい茶クマが出来てしまいます。

「毎日クレンジングして洗顔をしているからメイク汚れなんて残っていない!」って思っていませんか?

私も汚れが残っているなんて絶対にあり得ないと信じていませんでしたが、エステサロンへ行った時に毛穴洗浄をしてもらってビックリしました…ちょっと汚いですが下の写真を見てください。

FireShot Capture

これはほんの一部ですが、目元周りもファンデーションやマスカラ、アイシャドウの残った汚れが浮き出ていました…こんなのが皮膚に潜んでいたと思うと気持ち悪いし、茶クマができるのも納得です!

自宅でケアできればいいですが、毛穴洗浄はプロにお任せするのがおすすめです。
頻繁にしなくても気になった時でいいので、まずはお試しでエステサロンで毛穴汚れをスッキリさせてみてくださいね。

紫外線から遠ざける

もともと茶クマは色素沈着で起きるものなので、ダメージの元となる紫外線から守らなければいけません!

今までも、日焼け止めクリームを顔全体に塗って紫外線から守っていましたが、目元にもしっかりと塗ってあげてくださいね。

心配な人はサングラスをかけるのもオススメです。よく女優さんが外出時にサングラスをかけますが、ファッションとしてはもちろんですが、紫外線から目元を守っているという理由もあるんですよ。

とにかく目をこすらない

紫外線からダメージを受けている目元に対して、目を擦ってしまうと色素沈着してしまいます!なので、強くゴシゴシと擦りすぎないことが大切です。

乾燥での痒みや、クレンジング洗顔、顔をタオルで拭いている時など目を擦ってしまうタイミングは色々あります。これは自分が注意しなければいけないので、意識をすることを心がけましょう!

レーザー治療でシミを消す

レーザー治療は病院やクリニックで受けられます。ただし1回で治るものではないので、最低1ヶ月は通う必要があります。その為、合計金額が50万前後かかってしまうケースが多いです。

ビフォーアフターの写真を見て「こんなに変わるの!?」と感動しましたが、レーザー治療にもデメリットがあります。

  1. 想像していた仕上がりと違う場合がある
  2. 治す部位によって追加料金がかかる
  3. 痛みを感じることがある

レーザー治療は完全に治ると思っていましたが、通わないといけないし自分が「こんな仕上がりにしたい!」と思っていても満足がいかず別のところでやり直してもらうパターンもあります。

これだけの高額を支払ってもデメリットがあるのは、ちょっと避けたいですね…

美白効果のあるビタミンを与える

日々のケアとしては、ビタミンCの成分があるスキンケアで改善していくことがオススメです。

色素沈着には美白ケアが重要なので、使っている化粧水や乳液も美白ケア用のものを使うようにしましょう!わざわざ買い換えなくても大丈夫です。新しく購入する時に、美白ケア用を選びましょう♪

プラスで使って欲しいのが、ビタミンCやヒアルロン酸が配合されている目元美容液です。浸透力に力を入れているビーグレンのトータルリペアアイセラムには、トライアルセットでお試しすることができますよ♡

365日の返金保証やカスタマーサポートもあるので、「ちょっと使うのが不安」という人でも安心して使えます!

IMG_9927

ビーグレンの公式サイトはコチラ

目元ケアトライアルセット

体験レビューを見る

 

まとめ

今回は、目の下のクマを治す方法についてまとめてみましたがいかがでしたか?

今まではクマの種類がわからず、とりあえずケアをしていましたがそれでは効果がなかったということがわかりました!

  • 黒クマ→皮膚痩せやくぼみが原因なので、エイジングケアクリームを使う
  • 青クマ→血行不良や疲労が原因なので、マッサージをして血流を良くする
  • 茶クマ→色素沈着が原因なので、紫外線から守ってビタミンC導入する

それぞれのクマによっても、原因や改善方法が違いましたね。自分がどのクマなのかをしっかりと把握してから、治していくのが大切です。

「今まで何をしてもクマが治らなかった!」という人は、それぞれの方法を使ってクマのないぷるぷるの目元を目指しましょう♪

最新情報をチェックしよう!
広告