青クマはコンシーラーでカバー!失敗しない消し方&人気アイテムまとめ

目の下のクマって種類がありますが、その中でも「化粧で誤魔化すのが難しい」と言われているのが【青クマ】です。

青クマは年齢や男女問わずにできやすいので、原因を知っておけば何も怖くありません。
考えられるものとしては…

  1. 寝不足
  2. 血行不良
  3. 眼精疲労

この3つが考えられています。
つまりこれらが改善されれば、目の下の青クマも治るということですね。

と言っても、いきなり治すことも難しいです。
人によっては生活基準を変えなければいけません。

 

「今すぐ何とかしたい!」と思っても、すぐに改善できるものでもないので、そうなると化粧で誤魔化すしか方法がないですよね。

そこで大活躍できるのが【コンシーラー】です。

人によっては「すごく良かった!」という人もいれば「全然クマが消えない」と意見が分かれますがそれには理由があります。

その理由は”コンシーラーの色が合っていない”ということです。

クマを一括りで考えてしまって「とりあえずこれでいっか」と何となくで決めていませんか?

 

今回ailey編集部では、青クマを消すための色やおすすめアイテムをまとめてみました。

「結局何を使ったらいいのかわからない」と悩んでいる人の為に、デパコスからプチプラまで紹介しているので、きっと自分にピッタリのコンシーラーが見つかると思います。

コンシーラーを使った青クマの消し方についてもお話しているので、是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

コンシーラーを使う前に…

まずはじめに…

コンシーラーで青クマを誤魔化すことは可能ですが、根本的に改善したいという人はその対策を知っておくべきです。

内容としては当たり前に感じてしまうことが多いですが、改めて自分の生活スタイルを見つめ直したりできるので是非一緒にチェックしてみてくださいね。

しっかり睡眠をとる

これはもう目の下にクマができると「昨日ちゃんと寝たの?」と聞かれるくらいなので、自分でも睡眠不足の人は原因がわかっていると思います。

だいたい7時間前後が最適と言われているので、起きる時間を逆計算してしっかりと睡眠時間をとるようにしましょう。

逆に「私たくさん寝てるのになんで!?」という人は、他にも考えられる原因があるのでそちらもチェックしてみてくださいね。

参考:青クマの治し方は原因を知るべき!即効性◎おすすめケア&メイクの隠し方

目元を温める

普段から冷え性だったり、血流の流れが悪いとドロドロになって血流が滞ってきます。
目の下の皮膚って、ラップ1枚くらいの薄さなので余計にクマの色が目立ちますよね。

すぐに改善する方法として、目元を温めてあげることによって血行が良くなってクマが緩和されることがあります。

メイク前で時間に余裕がある人は、是非試して欲しいです。
お風呂上がりってポカポカしていて、顔も赤く火照っていませんか?

同じように、目元を温めると血流が改善されてクマも目立たなくなります。
それにプラスしてコンシーラーを使えば、キレイに隠すことができます。

ailey編集部おすすめはめぐりズムの【蒸気でホットアイマスク】

料金:オープン価格(540円〜)
蒸気で10分間目元を温めてくれます。
程よい温かさで、付けているとそのまま眠りについてしまうくらいの気持ち良さです。

開封してすぐに温度が上がるので、電子レンジを使う必要もないし使い捨てできるので持ち運ぶこともできます。

短時間でも眼精疲労に効果があって、目元がスッキリするので青クマで悩んでる人は是非1度試してみて欲しいです。

楽天で商品を見る

眼輪筋(がんりんきん)を動かす

眼輪筋は、この画像の丸で囲ってある目の周り部分です。
今の時代はパソコンやスマホを使う人が増えていて、一点に集中してしまって目を動かすことが少なくなっています。

これが眼精疲労に繋がって、血流が悪くなり青クマへと悪化しているんです。

なので、時々目薬を差したり目をギュッと瞑るだけでもいいので少しでも動かしてあげましょう。

ailey編集部でおすすめはエステナードリフティ!

料金:28,000円(本体)
あのライザップ監修の美顔器で、EMSという筋肉を動かしてくれる機能が付いています。

ピリピリと刺激がありますが、使うことによって「こんなに目元疲れてたんだ!」と実感するくらい使い終わった後スッキリしています。

自分で眼輪筋を動かしてあげるのもいいですが、顔全体に使えるのでエイジングケアにもバッチリです。

「最近美顔器が気になっている」という青クマさんにおすすめです。

エステナードリフティの公式サイトはコチラ
美顔器!>>エステナードリフティ<<

口コミ・効果などをチェック

ailey編集部おすすめコンシーラー3選

コンシーラーを使う前に、自分で対策しておくことによって緩和できるということがわかりました。

少しでも青クマを改善したいなら、やっておいて損はないので「何とかして治したい!」という人は試してみてくださいね。

次に、青クマを消す為のコンシーラーについてお話していきたいと思います。
コンシーラーはどんな色でも消せるというわけではありません。

  • オレンジ色を選ぶ
  • 筆タイプ
  • 柔らかいテクスチャー

この3つが比較的使いやすく、青クマを上手に消せるので基準にして選ぶと良いと思います。

ここでは、口コミで人気のコンシーラーをailey編集部でも使ってみて最も人気だった3つのアイテムをまとめてみました!

「どれを使えばいいかわからない」という人は、是非こちらを参考にしてみてくださいね。
また、お財布に優しいコンシーラーが気になる人はプチプラランキングも用意しているので一緒にチェックしてみてください。

1・IPSA(イプサ)

【クリエイティブコンシーラーEX】
料金:3,500円
3色パレットですが、オレンジはもちろん自分の肌に合わせてコンシーラーの色を作ることができます。

小さめの筆が入っているので、色を混ぜて使うのですが密着度が高いのでキレイにクマを隠すことができます。

他にも色の組み合わせで、シミや吹き出物をカバー出来るので肌トラブルで悩んでいる人におすすめのコンシーラーです。

楽天で商品を見る

2・Dior(ディオール) 

【フィックスイットカラー(アプリコット)】
料金:4,200円

クレヨンのような質感ですが、使ってみるとサラサラしていて塗りやすかったです。
少量でもよく伸びるので、購入するときに「コンシーラーで4,000円以上か…」と思っていましたが、結果的に長持ちするのでコスパは良いです。

「青クマにはイエロー」という人もいますが、血行不良が原因という人が多いので基本的にはアプリコットで血色を良く見せたほうが馴染みやすいのでおすすめです。

カバー力もあって、時間が経ってもヨレることもなく保っていました。

楽天で商品を見る

3・THREE

【アドバンスドスムージングコンシーラー(OR)】
料金:3,500円
筆タイプのリキッドコンシーラーです。
柔らかいテクスチャーなので、とっても塗りやすくて肌馴染みも◎!

化粧直しや部分用のファンデーションとしても使えるので、使い勝手が良いです。

口コミの中で「崩れやすい」というのを聞いていましたが、フィニッシュパウダーやスプレーで仕上げておけば特に気になりません。

楽天で商品を見る

ailey編集部おすすめはクラランス【フィックスメイクアップ】

料金:4,000円

先程の「メイクが崩れやすい」という悩みを持っている人におすすめなのが、この化粧崩れ防止スプレーです。

普段のメイク後にシュッと吹きかけるだけで、午後もヨレなく気になりません。
保湿効果もあるので、乾燥対策にもバッチリです◎

楽天で商品を見る

初めて使う人におすすめ!プチプラランキングTOP3

青クマに合うコンシーラーを3つ紹介しましたが、「初めて使うから比較的安いもので試してみたい」という人もいますよね。

  • 「私に合うかな?」
  • 「隠れなかったら嫌だな」
  • 「あまりお金をかけたくない」

こういった理由で、プチプラアイテムを探していると思います。

ここでは、初めてコンシーラーを使う人におすすめしたいプチプラアイテムをランキングにしてまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

1位・オルビス

【パーフェクトコンシーラー】
料金:1,500円
とにかくオレンジが強いので、青クマ隠しにはピッタリのコンシーラーです。

私は眉を剃りすぎてしまったときの青み消しとしても使ってました。
フィット感が良いので、崩れにくくてプチプラの中でも1番使いやすかったです。

筆タイプなので、サッと塗れるしダイヤルを回すと少量のコンシーラーが出てくるので塗りすぎてしまうこともありませんでした。

他のコンシーラーと比べてみても、かなりオレンジ色が強いので「青クマの色が酷い」といいう人は是非こちらを試してみてくださいね。

楽天で商品を見る

2位・DHC

【Q10モイスチュアケアトリートメントリタッチEX(オレンジベージュ)】
料金:1,330円

光コントロール技術で上手にクマ隠しができるリキッドタイプのコンシーラーです。

塗りやすさは伸びも良いので、スルスルと使いやすかったですがテクスチャーが柔らかいためか時間が経つとヨレてしまいます。

フィニッシュスプレーを使えば気にならないので、フィックスのメイクアップを一緒に使うと良いと思います。
個人的には塗りやすさとしては気に入っているので、青クマがうっすら程度の人であればDHCのコンシーラーで試してみてはいかがでしょうか。

楽天で商品を見る

3位・キャンメイク

【カラースティックモイストラスティングカバー(アプリコット)】
料金:580円

「とにかく安いもので!」という人には、プチプラで人気のキャンメイクがおすすめです。
学生さんが使っているイメージがありましたが、キャンメイクはコスパ最強と言われていますね。

ただ他のコンシーラーと比べると、薄付きで崩れやすかったので本当に「コンシーラーを始めて使うからまずは試してみたい」という人が使うアイテムだと思いました。

カバー力や保ちを重視するのであれば、プチプラアイテムではなく最初に紹介した3つの中をチェックしてみてくださいね。

楽天で商品を見る

失敗知らずの青クマの消し方

最後に…

「コンシーラー使っても上手く消えない!」
と悩んでいる人の為に、ailey編集部でおすすめの青クマの消し方を紹介したいと思います。

ちょっとひと手間加えるだけで、青クマはキレイに隠すことができるんです。
クマがあるだけで見た目年齢も変わってくるので、まずはそれぞれのポイントをチェックしてみてくださいね。

◼ファンデーションで順番が違うので注意◼

  • パウダータイプはファンデーションの
  • リキッド・クリームタイプはファンデーションの

1・ホットタオルで血行を良くする

青クマは血行が悪いのが原因でクマの色が濃くなるので、まずはホットタオルで目元を温めましょう。

濡らしたタオルを電子レンジで1分温めれば、簡単にホットタオルを作ることができます。
私は朝電子レンジを使うのが面倒なので、蒸気でホットアイマスクを使って目元を温めています。

目元を温めることによって、じんわりした温かさが心地よく目覚めもスッキリしますよ。
これで血行が良くなったことによって、青クマ部分がほんのり薄くなります!

2・コンシーラーはクマと肌の境目に塗る

クマを隠す為にそのままクマに直接塗るという情報もありますが、それは青クマの色を強調してしまうので間違っています。

コンシーラーを塗るときは、青クマに塗るのではなく境目にのせて徐々にぼかして馴染ませていくとキレイに消すことができます。

筆タイプでも「塗り方が難しい」という人は、筆でコンシーラーをのせたら指を使ってポンポンとカバーすると良いですよ。

3・少量づつぼかして使う

「濃く使えばその分青クマを消せる」と思っていませんか?
それは違って、たくさん塗れば良いというわけではありません。

塗りすぎると厚塗りになってしまうので、まずは少量使って均一に馴染ませることが大切です。

なので、コンシーラーを使うときは少量づつ重ねていくと上手に消すことができます。

まとめ

今回は、青クマを消す為のコンシーラーをまとめてみました。
血行不良や眼精疲労が原因で、青クマができるのでコンシーラーを使う前に目を温めたりマッサージをすることによって軽減できます。

初めてコンシーラーを使う人は、オルビスやDHCのプチプラコスメで試してみるのも良いと思います。
目の下にクマがあると、どうしても見た目が老けて見えるのでオレンジ系のコンシーラーを使って上手に隠してくださいね。

この記事があなたにとって少しでも参考になると嬉しいです。

  関連記事